写真測量

人間は両眼で見ることにより、奥行きの感覚を得ています。人間が左右の目でものを立体的にみるのと同じように両眼に対応する2枚の写真(これをステレオ写真と呼びます)に三角測量法を適用して3次元位置を求める手法を写真測量といいます。紀元前よりもっとも一般的な位置の計測方法として用いられてきた三角測量法は、図1に示すように、三角形が1つの辺の長さとその辺の両端の角の大きさにより決定されるという三角形の決定条件に基づいています。写真測量では、図2に示すように、この三角測量法の原理をステレオ写真に当てはめることにより対象物の位置を決定します。

写真測量は、大きく空中写真測量近接写真測量に分けられます。空中写真測量は、主として地形図を作成することを目的にして、航空機に搭載されたカメラで撮影されたステレオ写真を用いて行われます。いっぽう、近接写真測量は、建築物、自動車・航空機なの工業製品、人体などの計測や、交通事故の検証などを目的として、主に地上に設置されたカメラで撮影されたステレオ写真を用いて行われます。

現在の写真測量では、写真撮影はデジタルカメラで行われることが一般的であり、コンピュータによるデジタル画像処理技術を利用して自動計測が行われることも多くなってきています。このため、現在の写真測量をステレオ画像計測と呼ぶこともあります。自動化された写真測量技術は、ロボットの視覚や、自動車の衝突防止などに利用されています。

図1 三角測量

図2 写真測量

(2015年11月18日 初稿)

English

Photogrammetry

定義

広義には、写真を用いて被写体の位置や形状等を定量的に測定する方法です。通常は、異なる地点から撮影された2枚の写真に、三角測量法の原理を適用して、対象物の3次元位置を求めることを、写真測量と呼んでいます。