文献一覧

※文献の掲載順序については以下のソート条件を、上位優先として並べています。

・著者名の五十音順
・同一著者の場合、発表年順
・著者、発表年が同じ場合、件名で数字>アルファベット>五十音順
・著者、発表年、件名が同じ場合、団体名/掲載誌名で数字>アルファベット>五十音順
・英文文献は和文文献の後に掲載、著者の Family Name でアルファベット順



  • 時空間解析における基礎概念と解析事例の体系的整理手法
    著者:相尚寿,岡部篤行,貞広幸雄,太田守重
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:GIS-理論と応用,地理情報システム学会,16(2)1-10

  • 第Ⅱ部4章1節衛星リモートセンシング,自然環境解析のためのリモートセンシング・GISハンドブック
    著者:赤松幸生(共著)
    発表時期:2007
    団体名/掲載誌名:古今書院

  • 津波災害へのリモートセンシング技術の活用
    著者:赤松幸生,斉藤和也
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:第46回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,95-96

  • リモートセンシング -実利用の時代へ-
    著者:赤松幸生
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:地盤工学会,59(1):64-65

  • ハイパースペクトルデータによる茶葉の生育状況把握
    著者:赤松幸生,今井靖晃,鎌形哲稔,小林千明,大石哲也
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:学会誌,照明学会,94(12):808-809

  • 基礎からわかるリモートセンシング
    著者:赤松幸生(編集委員)
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:理工図書

  • 空間情報解析による東日本大震災の状況把握
    著者:赤松幸生
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:土木技術社,68(12):15-20

  • i-Constructionの推進に向けた測技協の取り組みについて
    著者:赤松幸生
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:建設マネジメント技術,経済調査会,(457): 35-43

  • ISO/TC190(地盤環境)の審議状況 -2010年度-
    著者:浅田素之,中島誠
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:第46回地盤工学研究発表会平成23年度発表講演集,46-50,地盤工学会

  • ISO/TC190(地盤環境)の審議状況 -2011年度-
    著者:浅田素之,中島誠
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:第47回地盤工学研究発表会平成23年度発表講演集,46-50,地盤工学会

  • ISO/TC190(Soil Quality:地盤環境)の活動 -2012年度の審議状況-
    著者:浅田素之,川端淳一,中島誠,ISO/TC190部会
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:第19回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,86-88

  • ISO/TC190(地盤環境)の審議状況 -2012年度-
    著者:浅田素之,和田信一郎,中島誠
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:第48回地盤工学研究発表会平成25年度発表講演集,5-6,地盤工学会

  • ISO/TC190(地盤環境)の審議状況 -2013年度-
    著者:浅田素之,和田信一郎,中島誠
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:第49回地盤工学研究発表会平成26年度発表講演集,51-52

  • 高分解能衛星画像のセグメント特徴量と機械学習による高山植生の分類
    著者:有安恵美子,大西正道,小田川信哉,小熊宏之,廣瀬葉子
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:第56回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,87-88

  • 2m DEMによる逆断層型変動地形の定量的評価:長町—利府活動セグメントの位置・形状と変位量分布パターン
    著者:粟田泰夫,向山栄,佐々木寿
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:関連学会2011年合同大会予稿集,SSS032-P10

  • 第8章清掃・付属資料2対策工の事例 道路トンネル維持管理便覧【本体工編】
    著者:砂金伸治,武藤直樹(共著),他
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:公益社団法人,日本道路協会

  • 富士塚のデータベース化と高精度DEMを使った地図表現
    著者:石川剛, 鈴木敬子, 向山栄
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:地球惑星科学関連学会2013年合同大会予稿集,MTT37-P12

  • 生態毒性に関するISO規格化の動き
    著者:石川洋二,川端淳一,中島誠,ISO/TC190部会
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:第19回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,195-197

  • LiDAR差分解析による2014年長野県北部地震の地表地震断層と変位量分布
    著者:石村大輔,遠田晋次,向山 栄,本間信一
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:地球惑星科学関連学会2016年合同大会予稿集,SSS31-17

  • 高山帯の植生変化抽出のためのマッチング手法の検討
    著者:井田憲吾,廣瀬葉子,礒部浩平,福島昇,小田三千夫,檀上拓也,石原範幸,小玉哲大,小熊宏之
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:平成24年度秋季術講演会発表論文集,日本写真測量学会,119-120

  • オープンデータを利用して集合知によって地域課題の発見から解決までを支援するシステム─川崎市でのG空間未来デザインプロジェクトを例に─
    著者:井上絵理,中島円,庄司昌彦,野村恭彦,筧大日朗,野本紀子,神武直彦
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:情報処理学会デジタルプラクティス,7巻,2号,pp.148-157.

  • 高解像度デジタル航空写真を用いた風倒木地の自動抽出手法について
    著者:今井靖晃,岩波英行,永田直己,佐藤匠,小林幹男,西川幸裕,大西正容
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:平成20年度研究発表会概要集,砂防学会,484-485

  • 高解像度デジタル航空写真を用いた風倒木被害地の自動抽出手法について
    著者:今井靖晃,岩波英行,永田直己,佐藤匠,小林幹男,西川幸裕,大西正容
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:第44回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,143-144

  • 航空レーザデータに基づく植林地の林分材積推定
    著者:今井靖晃,船橋学,天野正博,岩本宏二郎
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:平成20年度秋季学術講演会発表論文集,日本写真測量学会,63-66

  • 茶の摘採管理に対するハイパースペクトルデータの利用可能性
    著者:今井靖晃,赤松幸生,小林千明,大石哲也
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:第45回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,171-172

  • ALOS/PRISM三方向視画像から作成したDSM、オルソ画像の精度評価,写真測量とリモートセンシング
    著者:今井靖晃,赤松幸生,丸家誠,大山洋
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:日本写真測量学会,48(2):74-77

  • 航空機搭載ハイパースペクトルデータによる茶の生育状況推定
    著者:今井靖晃,鎌形哲稔,赤松幸生,小林千明,大石哲也
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:第47回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,171-172

  • 航空レーザデータとALOSデータに基づく植林地の林分材積推定
    著者:今井靖晃,船橋学,鎌形哲稔,岩本宏二郎,天野正博
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:第120回大会学術講演集,日本森林学会,Pa1-49

  • 航空レーザの空間体積を用いた植林地の簡便な材積推定手法,測量
    著者:今井靖晃,船橋学,天野正博,岩本宏二郎
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:日本測量協会,60(1): 21-24

  • 航空レーザの空間体積を用いた植林地の林分材積推定
    著者:今井靖晃,船橋学,天野正博,岩本宏二郎
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:応用測量論文集,日本測量協会,20:93-100

  • 高分解能衛星GeoEye-1画像による地物の判読性,写真測量とリモートセンシング
    著者:今井靖晃,李雲慶
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:日本写真測量学会,48(5): 256-257

  • 茶の摘採管理に対するハイパースペクトルデータの利用可能性,土地改良の測量と設計
    著者:今井靖晃,赤松幸生,小林千明,大石哲也
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:土地改良測量設計技術協会,69: 52-55

  • 新型航空デジタルカメラ「RMK-D」の特徴と今後の発展性,写真測量とリモートセンシング
    著者:今井靖晃,中村三友,白井直樹
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:日本写真測量学会,49(4):198-199

  • ハイパースペクトルデータによるオーストラリア小麦の生育モニタリング手法の開発
    著者:今井靖晃,森田太一,赤松幸生,小田川信哉,武田知己,鹿志村修
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:第49回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,129-130

  • 吸収源としての森林モニタリングに対する複数年LiDARの利用可能性
    著者:今井靖晃,原口正道,梶原領太,赤松幸生,岩本宏二郎,天野正博
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:第122回大会学術講演集,日本森林学会,Pa2-20

  • 出穂期のハイパースペクトルデータによるオーストラリア小麦の生育モニタリング
    著者:今井靖晃,森田太一,本田謙一,赤松幸生,小田川信哉,武田知己,鹿志村修
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:平成23年度秋季術講演会発表論文集,日本写真測量学会,165-168

  • 登熟後期のハイパースペクトルデータによるオーストラリア小麦の生育モニタリング
    著者:今井靖晃,森田太一,赤松幸生,小田川信哉,武田知己,鹿志村修
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:平成23年度年次学術講演会発表論文集,日本写真測量学会,107-110

  • 複数年LiDARデータを用いたヒノキ植林地における10年間の樹高変化と蓄積変化の推定
    著者:今井靖晃,赤松幸生,岩本宏二郎,天野正博
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:第50回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,9-10

  • 波形記録式LiDARデータの土地被覆別波形特性に関する検討
    著者:今井靖晃,本田謙一,鈴木久美子,中村三友,髙橋勇,武田浩志
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:平成24年度秋季術講演会発表論文集,日本写真測量学会,39-42

  • RapidEye衛星画像と航空機LiDARデータによるインドネシア・南スマトラ州におけるマングローブ林のバイオマス量推定
    著者:今井靖晃,新井邦彦,棚橋雄平,仲摩栄一郎,森徳典,阿久根直人,川添香織
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:第55回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,125-126

  • 衛星画像と航空機LiDARデータを用いたインドネシア・南スマトラ州におけるマングローブ林のバイオマス量推定
    著者:今井靖晃,新井邦彦,棚橋雄平,仲摩栄一郎,森徳典,阿久根直人,川添香織
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:平成25年度秋季術講演会発表論文集,日本写真測量学会,63-66

  • 波形記録式航空機LiDARの波形データを利用した森林内の地形計測手法
    著者:今井靖晃,本田謙一,鈴木久美子,高主知佳,中村三友,髙橋勇,武田浩志
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:第124回大会学術講演集,日本森林学会,P1-022

  • リモートセンシング技術を活用したインドネシア・南スマトラ州におけるマングローブ林の炭素蓄積量変化の把握
    著者:今井靖晃,前田佳子,新井邦彦,本田謙一,棚橋雄平,仲摩栄一郎,太田誠一,阿久根直人,川添香織
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:第58回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,87-88

  • 民生分野における衛星画像の利活用促進
    著者:今井靖晃,赤松幸生,新井邦彦
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:土木技術,土木技術社,71(2): 44-49

  • 山地斜面におけるDEMデータの精度検証
    著者:岩橋純子,小荒井衛,横尾泰広,大石哲,向山栄
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:日本写真測量学会平成20年度年次学術講演会発表論文集,日本写真測量学会,183-186

  • 簡便な低高度プラットフォームを用いた文化財調査,写真測量とリモートセンシング
    著者:内田恭司,森大
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:日本写真測量学会,48(5):285-288

  • 空間情報取得技術とその応用 -ICTの活用やCIM導入を見据えた土木分野での応用事例-
    著者:大石哲,水上幸治,田端謙一,虫明成生
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:ARIC情報,農業農村整備情報総合センター, (122): 50-57

  • 地上測定ハイパースペクトルデータによる茶の摘採期推定に関する検討
    著者:大石哲也,今井靖晃,赤松幸生,小林千明
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:茶業研究報告,日本茶業技術協会,106(別冊):50-51

  • 航空機搭載ハイパースペクトルデータによる茶の生育状況把握に関する検討
    著者:大石哲也,今井靖晃,鎌形哲稔,赤松幸生,小林千明
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:茶業研究報告,日本茶業技術協会,108(別冊):62-63

  • ー山岳トンネルの地下水問題を主対称としたー私の地質工学への実学的挑戦
    著者:大島洋志
    発表時期:2008.06
    団体名/掲載誌名:地下水学会誌50巻2号

  • 山岳トンネル先進ボーリング入門(1)
    著者:大島洋志
    発表時期:2008.09
    団体名/掲載誌名:トンネルと地下(日本トンネル技術協会機関誌)39巻9号

  • トンネル・ライブラリー22 目から鱗のトンネル技術 ー先達が語る最先端技術への歩みー
    著者:大島洋志(共著)
    発表時期:2009.11
    団体名/掲載誌名:土木学会トンネル工学委員会

  • 開通75周年を迎えた丹那トンネル難工事を振り返る ー環状凹地で発生した最大200m3/分の突発湧水
    著者:大島洋志
    発表時期:2010.05
    団体名/掲載誌名:トンネルと地下(日本トンネル技術協会機関誌)41巻5号

  • ー現場の教訓から学ぶーー歴史と経験に学ぶことの重要性ー 山岳トンネルと「地盤との関わり
    著者:大島洋志
    発表時期:2011.1
    団体名/掲載誌名:地盤工学会誌59巻10号

  • 斜面安全監視のためのGPS自動変位計測システム
    著者:大島洋志,岩崎智治,清水則一,増成友宏,佐藤渉,原口勝則
    発表時期:2012.02
    団体名/掲載誌名:日本応用地質学会誌52巻6号

  • 知っておきたい GPS-GNSのはなし
    著者:大島洋志(共著)
    発表時期:2012.03
    団体名/掲載誌名:shamen-net研究会

  • 特集:水文調査とその最前線、トンネルにおける渇水問題と水文調査
    著者:大島洋志,藤原幹之
    発表時期:2012.03
    団体名/掲載誌名:地質と調査(全国地質調査業協会連合会機関誌)通巻131号

  • 連載講座 トンネル技術者のための地相入門(1) ー地相は人相山の性状ー
    著者:大島洋志
    発表時期:2012.05
    団体名/掲載誌名:トンネルと地下(日本トンネル技術協会機関誌)43巻5号

  • 土木技術アーカイブス(第30回) 「地下水調査」その時代的背景と今日的意義 市川慧・石橋弘道「地下水の調査」土木技術 
    著者:大島洋志
    発表時期:2012.06
    団体名/掲載誌名:昭和62年4月号,土木技術67巻6号

  • 連載講座 トンネル技術者のための地相入門(14) ー地相をよく観て路線選定を行う(とくに水問題を対象に)ー
    著者:大島洋志
    発表時期:2013.06
    団体名/掲載誌名:トンネルと地下(日本トンネル技術協会機関誌)44巻6号

  • 連載講座 トンネル技術者のための地相入門(最終回) ー座談会ー
    著者:大島洋志
    発表時期:2013.07
    団体名/掲載誌名:トンネルと地下(日本トンネル技術協会機関誌)44巻7号

  • あの日、あの時、あの仕事 歴史と経験の両方に学ぶことの必要性 
    著者:大島洋志
    発表時期:2013.09
    団体名/掲載誌名:土木技術68巻9号

  • トンネル技術者のための地相入門
    著者:大島洋志監修執筆(共著)
    発表時期:2014.04
    団体名/掲載誌名:土木工学社

  • Ⅱ-5マスムーブメント・滑落崖 トンネル技術者のための地相入門
    著者:大島洋志,武藤直樹(共著),他
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:土木工学社

  • 特集:過去に学び、未来に備える 第5回「活断層について考える(その1)」 地震・活断層とトンネル
    著者:大島洋志
    発表時期:2015.02
    団体名/掲載誌名:日本地震工学会誌第24号

  • 特集 掘る 温故知新 山岳トンネルの難易は湧水と地圧及び路線選定で決まる
    著者:大島洋志
    発表時期:2015.04
    団体名/掲載誌名:土木技術70巻4号

  • 特定テーマ新幹線 新幹線の地形・地質調査とそれをもとにした計画・設計・施工 ー新幹線建設と共に50年の私的経験をもとにー
    著者:大島洋志
    発表時期:2015.08
    団体名/掲載誌名:地質と調査(全国地質調査業協会連合会機関誌)通巻143号

  • 第3章時空間概念と地理空間データモデル
    著者:太田守重(共著)
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:GISの理論,朝倉書店

  • 地理空間情報技術の知識体系と実験的教育の実践
    著者:太田守重
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:第18回学術研究発表大会講演論文集,地理情報システム学会

  • 地理オブジェクト同士の時間関係記述のための包括的な体系
    著者:太田守重,倉田陽平
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:第19回学術研究発表大会講演論文集,地理情報システム学会

  • 地物の状態遷移構造と地物間の時間関係
    著者:太田守重,倉田陽平
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:第20回学術研究発表大会講演論文集,地理情報システム学会

  • オブジェクト間の時間関係の遷移パターン
    著者:太田守重,倉田陽平
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:第21回学術研究発表大会講演論文集,地理情報システム学会

  • GIT教育支援ツール(gittok)の開発
    著者:太田守重
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:第22回学術研究発表大会講演論文集,地理情報システム学会

  • 地理空間情報技術の学習支援ツールの設計と開発
    著者:太田守重
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:GIS-理論と応用,地理情報システム学会,22(2)13-23

  • 地理空間情報技術の学習支援ソフトウェアへの描画スキーマの実装
    著者:太田守重
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:第23回学術研究発表大会講演論文集 (CD),地理情報システム学会

  • 第4章空間事象のモデル化と形式化・第27章空間データの流通と共用
    著者:太田守重(共著)
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:地理情報科学,古今書院

  • 拡張型の一般描画モデルを適用した地理情報表現
    著者:太田守重
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:地図,日本地図学会,54(2)1-16

  • クラウド時代に向けた空中写真の共同整備に関する費用分担の検討―熊本都市圏域をケーススタディとして―
    著者:大伴真吾,山本尉太,松下博俊,中村秀至,関本義秀
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:第19回学術研究発表大会講演論文集,地理情報システム学会

  • 北アルプスにおけるアナログ航空写真を用いた高山植生の分類
    著者:大西正道,有安恵美子,小田川信哉,小熊宏之,廣瀬葉子
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:第56回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,81-82

  • ハイパースペクトルセンサによる植生マッピングに関する予備的検討~大雪山及び釧路湿原を事例として
    著者:小川健太,星野仏方,金子正美,工藤岳,森大,渡会敏明
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:第46回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,173-174

  • サイト環境リスク評価モデルSERAMの重要パラメーターの感度解析評価
    著者:奥田信康,佐々木哲男,村上淑子,小森敦史,中島誠,リスク評価方法検証部会
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:第18回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,157-162

  • わが国の土壌汚染対策におけるリスク評価手法の活用方策
    著者:奥田信康,佐々木哲男,高階修,立野久美,中島誠,サステイナブル・アプローチ部会
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:第22回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,354-359

  • PALSAR二偏波データを用いた水稲倒伏範囲の推定および推定範囲を考慮したハイパースペクトルデータによる水稲収量・品質推定精度向上の検討
    著者:小田川信哉,河合雅己,加藤雅胤,州浜智幸,佐々木次郎
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:平成20年度秋季学術講演会発表論文集,日本写真測量学会,141-142

  • 高分解能衛星画像を用いた沖ノ鳥島サンゴ被度変化の特性
    著者:片山美可,森田太一,鈴木久美子,米澤泰雄,片山悦治郎,山野博哉,安藤亘,西崎孝之,渡邊則仁
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:第57回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,107-108

  • サンゴの分布拡大のための時系列な高分解能衛星画像を用いた沖ノ鳥島のサンゴの把握
    著者:片山美可,森田太一,鈴木久美子,米澤泰雄,片山悦治郎,山野博哉,安藤亘,西崎孝之,渡邊則仁
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:第56回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,93-95

  • 建物の分類手法に関する一考察
    著者:加藤哲,岩田司,森大,平田勝茂
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:応用測量論文集,日本測量協会,19: 103-112

  • 航空機ハイパースペクトルデータによる樹種区分に関する基礎的検討
    著者:鎌形哲稔,今井靖晃,森大,赤松幸生,岩本宏二郎
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:平成21年度年次学術講演会発表論文集,日本写真測量学会,27-30

  • ハイパースペクトルデータによる茶葉の生育状況把握に関する研究
    著者:鎌形哲稔,今井靖晃,赤松幸生,小林千明,大石哲也
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:平成21年度年次学術講演会発表論文集,日本写真測量学会,125-126

  • ALOSデータに対するオブジェクトベース画像解析による広域植生図化
    著者:鎌形哲稔,今井靖晃,赤松幸生,原慶太郎
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:第48回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,147-148

  • オブジェクトベース画像解析による植生図化における植生界抽出と分類精度の評価
    著者:鎌形哲稔,原慶太郎
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:植生学会誌,植生学会,27 (2): 83-94

  • マルチプラットフォーム衛星画像とシミュレーションによる東日本大震災の被災状況把握
    著者:鎌形哲稔,赤松幸生,村嶋陽一,向山栄
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:第50回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,157-158

  • マルチプラットホーム衛星画像とシミュレーションによる東日本大震災の被災状況把握
    著者:鎌形哲稔,赤松幸生,村嶋陽一,向山栄
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:地球惑星科学関連学会2011年合同大会予稿集,MIS036-P136

  • マルチプラットフォーム衛星画像による東日本大震災の被災状況把握
    著者:鎌形哲稔,赤松幸生,向山栄
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:写真測量とリモートセンシング,日本写真測量学会,50(3): 126-127

  • 衛星画像を用いた効率的な造林未済地の把握,第53回学術講演会論文集
    著者:鎌形哲稔,本田謙一,赤松幸生,今博計,菅野正人,寺田文子,金子正美
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:日本リモートセンシング学会,147-148

  • 東日本大震災の被災地の復興と自然再生に向けたモニタリング活動への空間情報の利活用
    著者:鎌形哲稔,赤松幸生,原慶太郎,富田瑞樹,平吹喜彦
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:第22回大会,日本景観生態学会

  • デジタル航空写真とLiDARを用いた東日本大震災被災地モニタリング:仙台湾岸の海岸林を対象として
    著者:鎌形哲稔,赤松幸生,原慶太郎,富田瑞樹,平吹喜彦
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:景観生態学,日本景観生態学会,18 (1): 29-34

  • 小麦圃場における複数時期のUAV撮影画像による植物高抽出精度の検証
    著者:鎌形哲稔,前田佳子,小川健太,丸山健次,金子正美
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:平成26年度秋季術講演会発表論文集,日本写真測量学会,7-10

  • 空間情報技術を活用した酪農業向け営農支援・牧草地モニタリング
    著者:鎌形哲稔,島壮太,渡會敏明,須藤純一,小川健太,西村昭彦
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:2015年度秋季一般研究発表会要旨集,システム農学会,19-20

  • 光学衛星画像とSAR衛星画像を併用したパプアニューギニアの全国森林被覆図の作成
    著者:河合雅己,原口正道,越智彩子,本田謙一,高主知佳,鈴木久美子,今井靖晃
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:第57回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,101-102

  • 陸域観測技術衛星「だいち」データを利用した植生地域における岩相識別(2)
    著者:川上裕,矢島太郎,出口知敬,河合雅己,門脇信彦,三箇智二,林歳彦
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:第44回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,207-208

  • 陸域観測技術衛星「だいち」データを利用した植生地域における岩相識別(3)
    著者:川上裕,矢島太郎,出口知敬,河合雅己,百瀬敦,三箇智二,宮武修一,林歳彦
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:第46回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,229-230

  • 陸域観測技術衛星「だいち」データを利用した植生地域における岩相識別(4)
    著者:川上裕,矢島太郎,出口知敬,三箇智二,百瀬敦,河合雅己,宮武修一,林歳彦
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:第48回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,247-248

  • 重金属類不溶化材の性能評価と利用時の課題について
    著者:國西健史,沖原直生,山田優子,中島誠,平山利晶
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:第22回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,456-460

  • WorldView-3のステレオペア画像を用いた数値地形図作成のための精度検証
    著者:小泉佑太,檀上拓也,礒部浩平,嶋野雄一,鎌形哲稔,日置和之,筒井健,竹田宏之
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:平成27年度秋季術講演会発表論文集,日本写真測量学会,139-142

  • 1,4-ジオキサンの土壌・地下水中の環境動態およびリスク評価
    著者:駒井武,中村謙吾,伊藤玄樹,中島誠,坂本靖英,川辺能成
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:日本地下水学会2015年秋季講演会講演要旨,84-89

  • GC/C/IRMSによる同位体分析の地下水CVOCs汚染機構評価への適用(1) -基礎的データの検討-
    著者:斎藤健志,田瀬則雄,丸岡照幸,中島誠,相田健,辻村真貴
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:第14回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,37-42

  • GC/C/IRMSによる同位体分析の地下水CVOCs汚染機構評価への適用(2) -汚染サイトへの適用-
    著者:斎藤健志,中島誠,田瀬則雄,辻村真貴
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:第14回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,43-48

  • 揮発性有機塩素化合物(CVOCs)原液の炭素安定同位体比(δ13C)-CVOCsによる地下水汚染の自然減衰プロセス解明に向けて-
    著者:斎藤健志,田瀬則雄,辻村真貴,丸岡照幸,中島誠
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:地下水学会誌,52(1) 87-96

  • 地球化学的手法による揮発性有機塩素化合物の地下水中における微生物分解の評価
    著者:斎藤健志,中島誠,田瀬則雄,辻村真貴,丸岡照幸,荒川貴之
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:第16回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,270-271

  • 地下水中の揮発性有機塩素化合物の微生物分解と酸化還元条件との関連性
    著者:斎藤健志,田瀬則雄,辻村真貴,丸岡照幸,中島誠,坂本大,荒川貴之
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:第45回日本水環境学会年会講演集,549

  • 高分解能衛星画像を活用したブルカノ式噴火調査―浅間崋山2004年9月1日噴火を例に―
    著者:阪上雅之,佐々木寿,三宅康幸,向山栄
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:日本地質学会第115年学術大会講演要旨集,日本地質学会,58

  • DEMを用いた地形画像マッチング解析から推定した地表変動―有珠山200年噴火を例に―
    著者:阪上雅之,佐々木寿,向山栄
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:日本火山学会2009年度秋季大会講演予稿集,日本火山学会,120

  • IKONOS高分解能衛星画像と現地踏査を併用したブルカノ式噴火噴出物の解析-浅間火山2004年9月1日噴火を例に-
    著者:阪上雅之,佐々木寿,三宅康幸,向山栄
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:地質学雑誌 , 日本地質学会,117(12)671-685

  • サイト評価に関する地盤環境のISOについて
    著者:肴倉宏史,古川靖英,保高徹生,中島誠,川端淳一,ISO/TC190部会
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:第20回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,156-158

  • 地形判読を支援する新しい地形表現方法の開発とその利用 ―航空機レーザスキャナDEMを用いたカラー標高傾斜図―
    著者:佐々木寿,向山栄
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:応用地質,日本応用地質学会,49(6)318-330

  • 航空レーザスキャナデータを利用した崩壊地抽出支援手法
    著者:佐藤匠,久保毅,本間信一,今井靖晃,宮田直樹,五島寧人,浅田典親
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:平成20年度年次学術講演会発表論文集,日本写真測量学会,187-188

  • 航空レーザスキャナを利用した崩壊地抽出支援手法
    著者:佐藤匠,久保毅,宮田直樹,五島寧人,今井靖晃,岩波英行,浅田典親
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:平成20年度研究発表会概要集,砂防学会, 144-145

  • 航空レーザスキャナを利用した崩壊地抽出支援手法
    著者:佐藤匠,久保毅,本間信一,今井靖晃,浅田典親
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:先端測量技術,日本測量調査技術協会,99: 31-39

  • 航空機LSデータを利用した高密度樹林帯抽出
    著者:佐藤匠,今井靖晃,浅田典親,小林容子
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:平成22年度研究発表会概要集,砂防学会,269

  • リモートセンシング技術による斜面変位箇所検索の検討
    著者:佐藤匠,水野正樹,内田太郎,神山嬢子,向山栄
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:日本リモートセンシング学会第53回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,131-132

  • 衛星SARを用いた積雪深推定に関する研究
    著者:佐藤匠,本間信一,本田謙一,鈴木修,外狩麻子
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:第59回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,159-160

  • VOCを対象とした土壌加温による原位置バイオレメディエーション対策の促進
    著者:佐藤徹朗,中島誠,瀬野光太
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:第16回日本水環境学会シンポジウム講演集,71-72

  • 先端技術研究 森林のバイオマス: 森林の再生と資源の安定確保 (特集 再生する)
    著者:澤田直美
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:土木技術,70(12): 14-20

  • 2時期の航空レーザー測量結果に基づく、2011 年福島県浜通りの地震に伴う地表地震断層の変位量分布
    著者:品川俊介,阿南修司,佐々木靖人,向山栄,本間信一,小林容子
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:日本第四紀学会2012年秋季大会予稿集,日本第四紀学会,GP-28

  • 2時期の航空レーザ測量による地表地震断層周辺の変位量分布の推定 -2011年4月11日福島県浜通りの地震に伴う事例-
    著者:品川俊介,阿南修司,佐々木靖人,向山栄,本間信一,小林容子
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:応用地質,日本応用地質学会,53(6)271-281

  • 『土壌・地下水汚染対策事業におけるリスクマネジメント~失敗事例から学び、マネジメントの本質に迫る~』
    著者:下池季樹,三村卓,松川一宏,佐鳥静夫,田中宏幸,尾崎哲二,角南安紀
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:環境修復事業マネジメント研究小委員会,土木学会建設マネジメントシリーズ02,pp.1-136,2008,発行所,丸善株式会社

  • 遺跡発掘調査と汚染土壌除去作業の同時実施事例
    著者:下池季樹
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会第16回講演集,pp.421-423

  • 環境修復事業のマネジメントの体系化に関する研究
    著者:下池季樹,島崎敏一
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:土木学会論文集F4分冊,Vol.67,pp.131-143,(査読付)

  • 土壌汚染対策事業の最適なマネジメント手法導入に関する研究
    著者:下池季樹
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:日本大学学位論文

  • 土壌汚染対策事業に対するマネジメント手法導入の有効性について
    著者:下池季樹
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:第70回年次学術講演会,pp.373-374

  • 測量者のためのビジネス情報ファイル
    著者:白井直樹(編集委員),他多数名
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:日本測量協会

  • 油汚染サイトにおけるリスク評価モデル(SERAM)評価事例
    著者:白川武,山本義男,田中宏幸,奥田信康,中島誠,サステイナブル・アプローチ部会
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:第21回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,179-184

  • 木質バイオマス発電の事業リスクに関する考察
    著者:白石則彦,澤田直美
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:第124回大会学術講演集,日本森林学会

  • 森林資源をエネルギー利用するための集荷圏の検討
    著者:白石則彦,澤田直美,龍原哲,中島徹
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:第 126 回大会学術講演集,日本森林学会

  • 木質バイオマス発電の導入が地域林業経営にもたらす影響
    著者:白石則彦,澤田直美
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:第127回大会学術講演集,日本森林学会

  • 木質バイオマス発電事業損益モデルの評価における採算性指標の検討 (資源・システム・地方創生, 拡大口頭セッション)
    著者:白石則彦,澤田直美
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:バイオマス科学会議発表論文集(資源・システム・地方創生, 拡大口頭セッション),日本エネルギー学会,(11):

  • ALOS/AVNIR-2データによる土地被覆分類図作成について
    著者:杉村俊郎,門崎学,森大,田殿武雄
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:第45回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,149-150

  • RapidEye画像を用いた草地更新のための牧草地の評価
    著者:鈴木久美子,鎌形哲稔,山本尉太,牧野司
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:第55回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,121-122

  • 放射性物質による土壌汚染と特定有害物質による土壌汚染・評価の課題
    著者:鈴木敬一,関友博,中島誠,高階修,放射性物質による土壌汚染調査・評価特別部会
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:第20回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,87-89

  • 過去の降下火山灰分布公表資料から推測される我が国の降灰確率予測図作成試案
    著者:須藤茂,猪股隆行,佐々木寿,向山栄
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:火山,日本火山学会,55(1)13-20

  • 放射性物質による土壌汚染の調査法に関する手法の検討
    著者:関友博,鈴木弘明,中島誠,田澤龍三,保賀康史,放射性物質による土壌・地下水汚染の調査・対策に係る研究部会
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:第18回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,328-331

  • 複数年LiDARデータを用いたヒノキ人工林の樹高変化・蓄積変化推定に関する検討
    著者:高主知佳,今井靖晃,鎌形哲稔,赤松幸生,岩本宏二郎,勝木俊雄,天野正博
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:平成24年度年次術講演会発表論文集,日本写真測量学会,83-86

  • 民生用3D デジタルカメラによる3次元計測の可能性
    著者:高橋元気,松岡龍治,小野博之,小田三千夫
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:応用測量論文集,日本測量協会,21:

  • 民生用3D デジタルカメラの幾何ひずみ量に関する個体差比較
    著者:高橋元気,松岡龍治,阿曽沼和義
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:平成23年度年次学術講演会発表論文集,日本写真測量学会,5-8

  • 移動計測車両を用いた写真測量における精度管理手法の検討
    著者:高橋元気,小田三千夫
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:平成24年度年次学術講演会発表論文集,日本写真測量学会,25-28

  • 偏位修正画像による撮影位置・姿勢の推定精度向上への適用検討
    著者:高橋元気,武田浩志,村井俊治
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:平成24年度秋季術講演会発表論文集,日本写真測量学会,121-124

  • 民生用3D デジタルカメラによる3次元計測の可能性
    著者:高橋元気,松岡龍治,小野博之,小田三千夫
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:測量,日本測量協会,61(4):

  • 車載レーザ点群を用いた道路標示の全自動図化
    著者:高橋元気,武田浩志,嶋野雄一
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:平成25年度秋季術講演会発表論文集,日本写真測量学会,43-46

  • 車載レーザ点群の反射強度情報を用いた道路標示の自動図化の検討
    著者:高橋元気,武田浩志,小田三千夫
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:平成26年度秋季術講演会発表論文集,日本写真測量学会,129-132

  • 車載レーザ点群を用いた道路標示の自動図化の検討
    著者:高橋元気
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:3D レーザスキャニング&イメージングシンポジウム 2014講演集,動態計測研究会他

  • 車載レーザ点群の反射強度情報を用いた道路標識の抽出および図化の自動化に関する検討
    著者:高橋元気,武田浩志,中村和弘
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:平成27年度秋季術講演会発表論文集,日本写真測量学会,21-22

  • 航空機LiDARにおける波形データ等による地盤面抽出の一考察
    著者:高橋弘太,横尾泰広,中西芳彦,井田憲吾,前田佳子,本田謙一,今井靖晃
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:平成28年度年次術講演会発表論文集,日本写真測量学会,15-18

  • 二時期レーザ地形画像比較による地すべり変動の面的把握
    著者:高見智之,向山栄,齋藤克浩,森 一司
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:第49回地すべり学会研究発表会講演集,日本地すべり学会,241-242

  • GPS とレーザ地形解析による融雪期地すべりの形態的特徴と運動形態の考察
    著者:高見智之,向山栄
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:地球惑星科学関連学会2011年合同大会予稿集,HDS027-P13

  • 航空レーザデータに対する電子透かし技術の開発
    著者:武田浩志,栗崎直子,南義彦,金井理
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:応用測量論文集,日本測量協会,19: 155-164

  • 独立偏位修正法による多重撮影画像の特徴探索
    著者:武田浩志,赤松幸生,南義彦
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:写真測量とリモートセンシング,日本写真測量学会,47(2): 16-25

  • 独立偏位修正法による多重撮影画像の特徴探索
    著者:武田浩志,赤松幸生,南義彦
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:測量,59(9): 28-31

  • 画像マッチング法による地すべり移動量計測の精度検証
    著者:武田浩志,向山栄
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:日本写真測量学会平成22年度秋季学術講演会発表論文集,日本写真測量学会,5-8

  • 画像マッチング法による地すべり移動量計測の精度検証
    著者:武田浩志,向山栄
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:平成22年度秋季学術講演会発表論文集,日本写真測量学会,5-8

  • 独立偏位修正画像を用いたオブジェクト空間探索による建物壁面抽出
    著者:武田浩志,赤松幸生,南義彦
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:写真測量とリモートセンシング,日本写真測量学会,49(4): 227-240

  • 独立偏位修正法を用いたマルチ画像マッチングに関する研究
    著者:武田浩志,赤松幸生,南義彦
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:応用測量論文集,日本測量協会,23:

  • 車載カメラ画像からの人検出手法の基礎的検討
    著者:武田浩志,織茂郁,政木英一
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:平成25年度秋季術講演会発表論文集,日本写真測量学会,49-52

  • 毒性等価係数が改正された場合のダイオキシン類土壌含有量評価結果に及ぼす影響について
    著者:立野久美,中島誠,石原成巳
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:土壌環境センター技術ニュース,14 8-14

  • 環境リスク評価のための汚染物質濃度入力値に関する基礎的検討
    著者:立野久美,中島誠
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:第15回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,452-457

  • イギリスにおける土地活用のための土壌汚染の評価・浄化の取り組み
    著者:立野久美,中島誠
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:第16回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,647-652

  • サイト環境リスク評価モデルSERAMによる土壌汚染サイトの健康リスク評価のケーススタディ
    著者:田中宏幸,奥田信康,佐々木哲男,原元利浩,中島誠
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:第17回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,48-53

  • 意識調査による汚染サイトのリスク管理型土地利用の適用可能性に関する検討
    著者:田中宏幸,下池季樹,三村卓,松川一宏,佐鳥静夫,野口正明,蛯名明
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:土木学会論文集G(環境),Vol.68,pp.703-714,(査読付)

  • 市民の意識調査に基づく汚染サイトのリスク管理型活用における課題
    著者:田中宏幸,下池季樹,三村卓,佐鳥静夫,野口正明,松川一宏,蛯名明
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:第68回年次学術講演会,pp.9-10

  • インドネシア・南スマトラ州のマングローブにおける地上調査を通じたバイオマス蓄積量の推定方法の検討
    著者:棚橋雄平,仲摩栄一郎,森徳典,今井靖晃,新井邦彦,阿久根直人,川添香織
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:第23回年次大会,日本熱帯生態学会

  • シンポジウム「震災時の非常用水源としての地下水利用の在り方」
    著者:谷口真人,中島誠
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:地下水学会誌,55(1) 37-64

  • 北多摩北部地域における認知症の地域連携-認知症地域医療連携データベース-
    著者:玉置肇,石橋 幸滋,中島円
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:治療,(90)1199-1203

  • 概説REDD+
    著者:丹本憲,赤松幸生(監修者),他多数名
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:アスキー・メディアワークス

  • ボランタリー市場におけるREDD+クレジットに対する適切なプライシング
    著者:丹本憲
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:月刊資本市場,(362): 62-72

  • 道路設計のための3次元地形データ作成仕様の有効性検証
    著者:東耕吉孝,渡辺完弥,青山憲明,坂森計則,遠藤和重,小早川雅行
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:土木情報利用技術論文集,土木学会,18: 25-36

  • ハイパースペクトルデータによる牧草地の生産性評価の試み
    著者:中澤明寛,青井麻美,三谷琢司,沼田洋一,河合雅己
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:平成21年度年次学術講演会発表論文集,日本写真測量学会,125-126

  • 航空機搭載ハイパースペクトルセンサによる採草地牧草の収量推定と草種判別
    著者:中澤明寛,三谷琢司,沼田洋一,星野仏方,義平大樹,河合雅己
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:平成22年度年次学術講演会発表論文集,日本写真測量学会,1-2

  • RBCA(リスク評価に基づく修復措置)のためのASTM規
    著者:中島誠
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名: 環境浄化技術,7(9) 18-22

  • 設置9年後の透過性地下水浄化壁の浄化性能評価
    著者:中島誠,根岸昌範
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:第14回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,458-463

  • 第1章 はじめに・1.4 油汚染対策ガイドラインの概要
    著者:中島誠
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:続・土壌・地下水汚染の調査・予測・対策(地盤工学会編),地盤工学会

  • 第2章 土壌・地下水汚染の調査法・2.3 最近の調査方法に関する動向
    著者:中島誠
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:続・土壌・地下水汚染の調査・予測・対策(地盤工学会編),地盤工学会

  • 第2章 土壌・地下水汚染の調査法・2.4 汚染物質の分布状況以外の調査・2.4.1 汚染機構の判断に必要な調査
    著者:中島誠
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:続・土壌・地下水汚染の調査・予測・対策(地盤工学会編),地盤工学会

  • 第2編 土壌・地下水汚染の調査から修復への流れ・第2章 土壌汚染の調査から修復対策へのソリューション,土壌・地下水汚染の浄化および修復技術 浄化技術からリスク管理,事業対策まで
    著者:中島誠
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:エヌ・ティー・エス

  • 第4編 土壌・地下水汚染のリスク管理と課題・第2章 土壌・地下水汚染リスク評価システム「KT-RISK」の開発とシステム,土壌・地下水汚染の浄化および修復技術 浄化技術からリスク管理,事業対策まで
    著者:中島誠
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:エヌ・ティー・エス

  • 土壌汚染対策をめぐる最近の状況とリスク評価導入による効果
    著者:中島誠
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:化学経済,55(12) 91-97

  • 土壌・地下水汚染調査における留意点
    著者:中島誠,坂本大
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:地盤工学会誌,56(4) 19-21

  • 66.汚染地盤の浄化技術
    著者:中島誠
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:実務に役立つ地盤工学Q&A(第二巻)(実務に役立つ地盤工学Q&A編集委員会編),地盤工学会

  • 鉱油汚染土によるリスクの評価に関する規格化の動き
    著者:中島誠
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:第44回地盤工学研究発表会平成21年度発表講演集,地盤工学会,13-14

  • 鉱油汚染土によるリスクの評価に関する規格化の動き
    著者:地盤工学会ISO国内委員会(中島誠)
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:地盤工学会誌,57(1) 30

  • これからの土壌汚染対策の方向性について
    著者:中島誠
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:第48回農業農村工学会土壌物理研究部会研究集会「土壌物理学の貢献 -土壌汚染浄化に向けて」,1-4

  • CPTの地盤環境分野への展開
    著者:中島誠
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:地盤工学会誌,57(8) 12-15

  • 事業所の土壌浄化技術を巡る最近の動向
    著者:中島誠
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:高圧ガス,46(3) 169-174

  • 地盤汚染リスクの評価
    著者:中島誠
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:地盤工学会誌,57(7) 8-11

  • 第2編 基礎編 -原理,適用事例,注意点-・第2章 原位置分解法,4.酸素・水素徐放剤注入
    著者:中島誠
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:土壌・地下水汚染 -原位置浄化技術の開発と実用化-(平田健正, 前川統一郎編),シーエムシー出版

  • 地下水中揮発性有機塩素化合物の自然減衰促進技術としてのバイオバリアの長期効果
    著者:中島誠
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:日本地球惑星科学連合2009年大会予稿集,H129-003(CD)

  • 土壌汚染対策技術の現状と実例 2.土壌汚染対策の法整備と課題
    著者:中島誠
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:地盤工学会誌,57(10) 70-77

  • 土壌汚染対策におけるリスク評価の適用性の検討(6) -わが国の土壌汚染対策におけるリスク評価の活用に向けて-
    著者:中島誠,奥田信康,リスク評価適用性検討部会,リスク評価活用方法検討部会
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:第15回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,262-267

  • 土壌汚染を調べる
    著者:中島誠
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:建築防災,373 27-31

  • 土壌・地下水汚染における環境リスク評価
    著者:中島誠
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:基礎工,37(11) 29-31

  • 土壌・地下水汚染による環境リスク評価手法の比較研究 -RBCAモデルとCSOILモデルの比較
    著者:中島誠,武暁峰,趙洪陽
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:日本地下水学会2009年春季講演会講演要旨,20-25

  • 零価鉄を用いた透過性地下水浄化壁の長期性能の評価
    著者:中島誠,根岸昌範
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:地下水学会誌,51(4) 331-347

  • 油汚染調査・対策における油臭判定の定量化のための検討
    著者:中島誠,松下孝,岩崎好陽,重岡久美子
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:第16回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,411-416

  • 汚染とバイオレメディエーション概説:汚染の現状と法規制
    著者:中島誠
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:化学と生物,48(11) 772-779,日本農芸化学会

  • 第2章 世界の地下水利用と法律
    著者:中島誠
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:はじめて学ぶ土壌・地下水汚染(はじめて学ぶ土壌・地下水汚染編集委員会編),地盤工学会

  • 第24回ISO/TC190(地盤環境)総会報告(その1)
    著者:地盤工学会ISO国内委員会(中島誠)
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:地盤工学会誌,58(7) 39

  • 第24回ISO/TC190(地盤環境)総会報告(その2)
    著者:地盤工学会ISO国内委員会(中島誠)
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:地盤工学会誌,58(8) 73

  • 土壌・地下水汚染調査技術の現状と課題
    著者:中島誠
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:環境技術,39(6) 332-336

  • 油臭判定体験企画実施報告,土壌環境センター技術ニュース,17 35-42
    著者:中島誠,松下孝,岩崎好陽,重岡久美子
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:

  • 油汚染調査・対策における油臭判定の定量化のための検討(その2)
    著者:中島誠,松下孝,宍戸丈暢,重岡久美子,石井進,岩崎好陽
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:第17回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,574-579

  • 第25回ISO/TC190(地盤環境)総会 -これからの四半世紀に向けての新たな動き-
    著者:地盤工学会ISO国内委員会(中島誠)
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:地盤工学会誌,59(4) 639

  • 土壌汚染対策法の改正
    著者:中島誠
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:GEO Consultant Annual Report,6 23-24,関西地質調査業協会

  • 土壌・地下水汚染の調査における化合物レベル安定同位体比分析(CSIA)の活用
    著者:中島誠,斎藤健志,辻村真貴,田瀬則雄
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:日本惑星科学連合2011年度大会予稿集,AHW024-01(CD)

  • 改正土壌汚染対策法による影響について
    著者:中島誠
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:土木施工,53(8) 11-12

  • 技術の伝承-現場の教訓から学ぶ 土壌・地下水汚染の調査・対策における失敗と経験
    著者:中島誠
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:地盤工学会誌,60(3) 50-57

  • 第2編 原位置浄化技術・第6章 注目される原位置浄化技術・3.地下水汚染拡大防止技術・3.2 バイオバリアによる地下水中揮発性有機化合物の分解,最新の土壌・地下水汚染原位置浄化技術(平田健正, 中島 誠監修)
    著者:中島誠
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:シーエムシー出版,260-264

  • 地下水資源の利用と保全に関する最近の動向
    著者:中島誠
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:日本地下水学会2012年秋季講演会講演要旨,274-279

  • 土壌汚染対策法における自然由来の土壌汚染の取扱い
    著者:中島誠
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:土壌環境センター技術ニュース,19 60-68

  • 石油系炭化水素汚染土壌によるリスクの評価に関するISO規格化の動き
    著者:中島誠,王寧,保高徹生,ISO/TC190部会
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:第19回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,440-445

  • 地下水資源の利用と保全に関する最近の動向
    著者:中島誠
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:地下水学会誌,55(2) 165-172

  • 地下水汚染の現状と今後の対策
    著者:中島誠
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:水循環 貯留と浸透,94 6-9,雨水浸透貯留技術協会

  • 土壌サンプリングに関するISO規格の新しい体系への変更の動き
    著者:中島誠,平田桂,角田真之,保賀康史,松村光夫,ISO/TC190部会
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:第19回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,295-300

  • 土壌・地下水汚染対策におけるリスク評価の活用についてのガイダンスの作成
    著者:中島誠,山田優子,鈴木弘明,白井昌洋,伊藤豊,リスク評価モデル普及・ツール化検討部会
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:第20回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,511-516

  • 1,4-ジオキサンの特性と土壌調査方法
    著者:中島誠
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:資源・素材講演集,2(2) [1208],資源・素材学会

  • ISO/TC 190/SC 2(サンプリング)におけるISO 18400シリーズの審議状況と土壌ガスサンプリング規格草案における日本としての課題
    著者:中島誠,保高徹生,平田桂,角田真之,ISO/TC190部会
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:第21回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,259-264

  • 地球温暖化が積雪地域(東日本型)の地下水資源に与える影響に関する一考察(富山県の例)
    著者:中島誠
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:日本地下水学会2015年秋季講演会講演要旨,226-231

  • 地球温暖化と地下水の水資源評価に向けた課題抽出研究グループ活動報告
    著者:中島誠,谷口真人
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:日本地下水学会2015年秋季講演会講演要旨,200-205

  • 1,4-ジオキサンによる土壌・地下水汚染機構についての考察
    著者:中島誠,日高レイ
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:日本惑星科学連合2016年度大会予稿,AHW19-01

  • 1,4-ジオキサンの地盤環境中での挙動特性について
    著者:中島誠,日高レイ
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:第51回地盤工学研究発表会平成28年度発表講演集,2125-2126

  • 1,4-ジオキサンの不飽和土壌中での挙動と土壌ガス調査の適用性に関する検討
    著者:中島誠,日高レイ
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:日本地下水学会2016年春季講演会講演要旨,130-135

  • 1,4-ジオキサンの不飽和土壌中での挙動と土壌ガス調査の適用性に関する検討
    著者:中島誠,日高レイ
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:日本地下水学会2016年春季講演会講演要旨,130-135地盤環境中での分配・揮発特性に関する実験的考察,第22回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,186-191

  • シンポジウム「地下水の保全,涵養及び利用に関する法制度化に向けた現状と課題」 -総合討論「水循環基本計画と地下水保全法のあるべき姿」-
    著者:中島誠,竹内真二,田中正,谷口真人
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:地下水学会誌,58(3),343-358

  • 土壌汚染対策におけるサステイナビリティー評価手法の開発について
    著者:中島誠,日高レイ,佐藤徹朗,山口博人
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:第22回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,580-585

  • IMCM:各階平面図を利用した屋内地図データ簡易作成手法
    著者:中島円,神武直彦,春山真一郎
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:ヒューマンインタフェース学会論文誌,14(2)121-130

  • 視覚障碍者の屋内歩行支援を目的とした音声ナビゲーションシステムの提案と実証実験による検証
    著者:中島円,神武直彦,春山真一郎
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:電気学会論文誌 C(電子・情報・システム部門誌),133(5)922-929

  • 位置情報ビッグデータ
    著者:中島円,神武直彦,関治之,古橋大地,片岡義明
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:インプレスR&D

  • 位置情報ビッグデータを支える技術(5章3節)
    著者:中島円(共著)
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:インターネット白書2015,インプレスR&D

  • アイデアソンとハッカソンで未来をつくろう
    著者:中島円(共著)
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:インプレスR&D

  • 位置情報ビッグデータを支える技術(4章3節)
    著者:中島円(共著)
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:インターネット白書2016,インプレスR&D

  • リアルタイム火山ハザードマップの必要性と有効性―北海道有珠火山を例として―
    著者:中筋章人
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:応用地質,第49巻,第5号,pp.293-303,2008年12月

  • 火山工学入門
    著者:中筋章人(共著)
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:土木学会,平成21年7月

  • 宅地ハザードマップ作成にむけた大規模盛土造成地の抽出法と危険度評価
    著者:中筋章人,富田進太郎
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:地質と調査,09年第2号,pp 14-18,2009年6月

  • 日本応用地質学会編:原典からみる応用地質学―その理論と実用―
    著者:中筋章人(共著)
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:古今書院,平成23年12月

  • 火山活動のモニタリング-稠密な観測網で噴火を予測-
    著者:中筋章人
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:土木学会誌,2013年11月

  • 富士山の土砂災害-富士山大沢くずれの三大謎を解く-
    著者:中筋章人
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:平成27年度日本地すべり学会関東支部シンポジウム「富士山の斜面災害」,2015年5月

  • 高解像度デジタル航空写真と航空レーザデータを用いた風倒木の自動計測手法について
    著者:永田直己,岩波英行,今井靖晃,佐藤匠,小林幹男,西川幸裕,大西正容
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:平成20年度研究発表会概要集,砂防学会, 482-483

  • 2時期の航空レーザ計測データを用いた数値地形画像解析により抽出した十勝岳62-Ⅱ火口近傍の地形変動とその影響
    著者:永田直己,向山栄,稲葉千秋,本間信一,村上亮,青山裕
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:砂防学会2016年研究発表会ポスターセッション,講演要旨集,pp-B-386

  • 地理空間情報の整備における共同化の効果とリスクに関する考察
    著者:中村秀至,関本義秀,山本尉太,溝淵真弓,柴崎亮介
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:第17回術研究発表大会講演論文集,地理情報システム学会,419-422

  • 2周波GNSSシンクロ撮影システムを搭載したUAV撮影の精度検証(Ⅱ)
    著者:名草一成,島田徹,礒部浩平,吉村元吾,今森直紀,奥山悠木,富井隆春
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:平成27年度秋季術講演会発表論文集,日本写真測量学会,9-12

  • ハイパースペクトルデータ利用のためのスペクトルデータベース開発
    著者:那須野功,澤口貴士,高市和義,河合雅己,鹿志村修,加藤雅胤
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:第47回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,237-238

  • 北海道の酪農地帯における地方創生へ向けたGISの運用
    著者:西村昭彦,渡會敏明,島壮太,鎌形哲稔,須藤純一,小川健太
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:2015年度春季一般研究発表会要旨集,システム農学会

  • 航空レーザ測量データを利用した地震前後の地形比較- 2008年岩手・宮城内陸地震で発生した土砂災害と地形変位 -
    著者:西村智博,向山栄,原田政寿,馬場俊行,江川真史
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:平成21年度砂防学会研究発表会論文集,砂防学会

  • コミュニティサービスのための都市空間の3D表現
    著者:西脇彩香,橋本和夫,中西芳彦
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:平成27年度秋季術講演会発表論文集,日本写真測量学会,75-78

  • 理解から実践へ 日本の交通バリアフリー
    著者:新田保次、大島明他(共著),(社)土木学会土木計画学研究委員会 福祉の交通・地域計画小委員会,(財)災害科学研究所交通まちづくり学研究会編
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:学芸出版社

  • 高分解能衛星データを用いた森林タイプ判別:佐倉市の里山地域を例として
    著者:長谷川奈美,星野義延,原慶太郎,鎌形哲稔,中尾勝洋
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:植生学会誌,植生学会,30 (1): 25-35

  • 航空レーザ計測データを用いた地表面変位量把握の事例と課題- 最上川水系立谷沢川流域 濁沢川池ノ台地区における事例-
    著者:花岡正明,齋藤信哉,高田浩穂,佐藤健一,佐藤雄太,藤原伸也,向山栄,高見智之,小林容子,久保毅,福島 昇,横尾泰広
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:砂防学会2013年研究発表会ポスターセッション,講演要旨

  • 自治体における複数の業務部門にまたがる地理空間情報の共同整備の可能性
    著者:早川玲理,関本義秀,中村秀至,大伴真吾,山本尉太
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:第20回学術研発表大会講演論文集,地理情報システム学会

  • 京都議定書3条3項ARDの報告方法とその評価
    著者:林真智,堀修二,今井靖晃,三谷琢司,竹内学,粟屋善雄
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:第44回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,181-182

  • PALSARデータによるサトウキビ圃場の抽出と生育状況の把握
    著者:原口正道,赤松幸生,小林千明,河合雅己
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:第46回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,137-138

  • 衛星画像を用いた浸水エリア図作成と現地への技術移転について
    著者:原口正道,今井靖晃,鎌形哲稔,中西平
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:ARDEC,日本水土総合研究所,46: 39-43

  • 1,4-ジオキサンの地盤環境中での浸透・吸着特性に関する実験的考察
    著者:日高レイ,中島誠
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:第22回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,400-405

  • 図解 土壌・地下水汚染用語事典
    著者:平田健正,今村聡監修,中島誠他著
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:オーム社

  • 第1編 総論・第1章 原位置浄化技術の現状の現状と将来展望
    著者:平田健正,中島誠,保高徹生
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:最新の土壌・地下水汚染原位置浄化技術(平田健正, 中島 誠監修),シーエムシー出版

  • 第11編 地盤汚染調査の方法
    著者:平田健正,中島誠他
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:地盤調査の方法と解説(地盤工学会規格・基準委員会編),地盤工学会

  • デジタル航空写真画像と航空機レーザスキャナデータによる河川状況の把握について
    著者:廣瀬葉子,大谷徹,千金良達哉,宍戸善博,菊池恵
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:平成20年度年次学術講演会発表論文集,日本写真測量学会,57-58

  • 航空レーザを使った植生三次元構造の把握
    著者:廣瀬葉子,今井靖晃
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:地理,55(9): 21-28

  • 日本におけるサステイナブル・レメディエーションの取り組み紹介
    著者:古川靖英,保高徹生,中島誠,佐藤徹朗,大村啓介
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:第22回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,416-418

  • 土壌・地下水汚染の措置・対策時の技術適用に関するアンケートの集計結果について
    著者:保賀康史,中島誠,古市登,田澤龍三,実態把握調査部会
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:第18回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,332-337

  • LOS PALSARを用いたDInSARによるフィルダム外部変形計測に関する検討
    著者:本田謙一,原口正道,虫明成生,岩崎智治,佐藤弘行,小堀俊秀,山口嘉一
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:第51回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,107-108

  • 合成開口レーダを用いたフィルダム外部変形計測に関する検討
    著者:本田謙一,虫明成生,岩崎智治,佐藤弘行,小堀俊秀,山口嘉一
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:第67回年次学術講演会,土木学会,CS8-021

  • 波形記録式航空機LiDARの波形データからの地盤抽出手法の開発
    著者:本田謙一,鈴木久美子,今井靖晃,中村三友,髙橋勇,武田浩志
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:平成25年度年次術講演会発表論文集,日本写真測量学会,73-76

  • 波形記録式航空機LiDARデータの解析手法の開発
    著者:本田謙一,前田佳子,今井靖晃,武田浩志,赤松幸生
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:第56回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,89-90

  • 波形記録式航空レーザスキャナによる地盤面抽出に対する効果の検証
    著者:本田謙一,前田佳子,今井靖晃,高橋勇,武田浩志,赤松幸生
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:応用測量論文集,日本測量協会,25: 105-113

  • ALOS PALSARによるDInSARの大規模構造物の変位計測への適用
    著者:本田謙一,浅田典親,虫明成生,佐藤渉,小堀俊秀,佐藤弘行,清水則一
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:第59回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,131-132

  • 複数のSAR衛星による平成27年関東・東北豪雨の浸水状況把握
    著者:本田謙一,藤平啓,浅田典親,虫明成生
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:第60回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,107-108

  • 平成27 年関東・東北豪雨を事例とした合成開口レーダ(SAR)衛星の利活用検討
    著者:本田謙一,藤平啓,浅田典親,虫明成生
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:平成28年度全国大会第71回年次学術講演会論文集,土木学会

  • 波形記録式航空機LiDARデータに基づく地盤計測精度の評価
    著者:前田佳子,本田謙一,今井靖晃,横尾泰広,井田憲吾
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:平成25年度秋季術講演会発表論文集,日本写真測量学会,121-124

  • 波形記録式航空機LiDARデータを用いた森林構造の把握に関する基礎的検討
    著者:前田佳子,本田謙一,今井靖晃,赤松幸生
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:平成26年度年次術講演会発表論文集,日本写真測量学会,19-22

  • 森林内の地盤抽出に対する波形記録式航空機LiDARの有効性
    著者:前田佳子,本田謙一,今井靖晃,武田浩志,高橋勇
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:第126回大会学術講演集,日本森林学会

  • 波形記録式航空機LiDARデータを用いた森林構造の面的把握手法に関する検討
    著者:前田佳子,本田謙一,今井靖晃,高橋弘太,赤松幸生
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:平成27年度年次術講演会発表論文集,日本写真測量学会,61-62

  • 波形記録式航空機LiDARデータを用いた森林構造の把握
    著者:前田佳子,本田謙一,今井靖晃
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:第127回大会学術講演集,日本森林学会

  • ディジタルカメラにおけるJPEG非可逆圧縮の定量的特性評価
    著者:松岡龍治,曽根光男,須藤昇,横塚英世,白井直樹
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:写真測量とリモートセンシング,日本写真測量学会,47(2): 26-38

  • 円形ターゲットの中心位置の計測手法の比較
    著者:松岡龍治,曽根光男,須藤昇,横塚英世,白井直樹
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:写真測量とリモートセンシング,日本写真測量学会, 48(3): 154-170

  • 円形ターゲットの中心位置の計測手法の比較
    著者:松岡龍治,曽根光男,須藤昇,横塚英世,白井直樹
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:写真測量とリモートセンシング,日本写真測量学会,48(3)154-170

  • 3DディジタルカメラFinePix REAL 3D W1のキャリブレーション
    著者:松岡龍治,高橋元気,阿曽沼和義
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:写真測量とリモートセンシング,日本写真測量学会,49(5)310-319

  • 重心法による円の中心位置の計測誤差
    著者:松岡龍治,曽根光男,須藤昇,横塚英世,白井直樹
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:写真測量とリモートセンシング,日本写真測量学会,49(3)128-139

  • 重心法による円の中心位置の計測誤差,写真測量とリモートセンシング
    著者:松岡龍治,曽根光男,須藤昇,横塚英世,白井直樹
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:日本写真測量学会,49(3): 128-139

  • ステレオ写真による3次元計測の期待精度,写真測量とリモートセンシング
    著者:松岡龍治
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:日本写真測量学会,50(5), 302–307

  • ブラウンフィールド問題に対するPFI的なマネジメント手法導入の研究
    著者:三村卓,下池季樹,松川一宏,佐鳥静夫,田中宏幸,蛯名明
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会第15回講演集,pp.36(要旨集)

  • モバイルマッピングシステムを用いた計測手法の精度検証
    著者:宮田剛,武田浩志,芝隆
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:平成22年度秋季学術講演会発表論文集,日本写真測量学会,23-26

  • 白黒立体図+カラー段彩標高図
    著者:向山栄,本間信一
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:測量,日本測量協会,(8)63

  • 2時期の細密DEMから作成した地形画像解析により推定した平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震における荒砥沢ダム周辺の地表変動
    著者:向山栄,江川真史
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:応用地質学会研究発表会論文集,日本応用地質学会,3-4

  • 2時期の詳細DEMを用いた地形画像解析 -平成20 年(2008 年) 岩手・宮城内陸地震の事例-
    著者:向山栄,浅田典親
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:地球惑星科学関連学会2009年合同大会予稿集,J174-P007

  • 詳細DEMを用いた地震前後の地形比較から推定した平成20年(2008 年) 岩手・宮城内陸地震時に荒砥沢ダム北方に生じた断裂の成因
    著者:向山栄,馬場俊行
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:地球惑星科学関連学会2009年合同大会予稿集,J232-004

  • 詳細DEMを用いた地形画像マッチング解析から推定した平成20 年(2008 年)岩手・宮城内陸地震における荒砥沢ダム周辺の地表変動
    著者:向山栄,西村智博,浅田典親
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:地球惑星科学関連学会2009年合同大会予稿集,Y167-004

  • 2時期のDEMを用いた数値地形画像解析により推定した、2008年岩手・宮城内陸地震の震源域における広域的地表変動
    著者:向山栄,本間信一,江川真史
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:日本応用地質学会平成22年度研究発表会講演論文集,日本応用地質学会,187-188

  • 2時期のレーザ地形画像マッチングによる地すべり移動量の計測
    著者:向山栄
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:地すべり学会関東支部シンポジウム,講演予稿集,日本地すべり学会,25-31

  • 航空レーザ計測による地形の高精度判読
    著者:向山栄
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:地盤工学会誌,地盤工学会、22(8)6-9

  • 多時期の航空レーザ測量データを用いた地表面変動の抽出
    著者:向山栄
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:日本測量協会関東支部報,日本測量協会関東支部,(39)16-18

  • 多時期の数値地形画像マッチングによる地表変動量計測技術の開発
    著者:向山栄,阪上雅之
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:地球惑星科学関連学会2010年合同大会予稿集,HGM005-09

  • 2011 年東北地方太平洋沖地震で生じた地殻変動量のGPS 測位結果と,数値地形画像解析により計測した地表面変位量との比較
    著者:向山栄,本間信一,小林容子,古橋恭子
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:日本応用地質学会平成24年度研究発表会講演論文集,日本応用地質学会,1-2

  • 2時期のDEM の数値地形画像解析で見た地表面変動
    著者:向山栄
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:建設コンサルタンツ協会地質技術者報告会,講演予稿集,25-31

  • 2時期のDEMを用いた数値地形画像解析により推定した、2011年東北地方太平洋沖地震による東京湾岸の液状化発生地域における地表変動
    著者:向山栄
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:日本応用地質学会平成23年度研究発表会講演論文集,日本応用地質学会,45-46

  • 2時期の高解像度DEMを用いた数値地形画像解析で抽出した、2011年福島県浜通りの地震に伴う地表変動
    著者:向山栄
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:日本活断層学会平成22年度秋季学術大会講演予稿集,日本活断層学会,27-28

  • 2時期の高解像度DEMを用いた数値地形画像解析により推定した、平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震による地表変動
    著者:向山栄,浅田典親
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:地球惑星科学関連学会2011年合同大会予稿集,SSS032-05

  • 2時期の高解像度DEMを用いた数値地形画像解析により抽出した、平成23年(2011年)福島浜通りの地震による地表変動
    著者:向山栄
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:地球惑星科学関連学会2011年合同大会予稿集,SSS036-P02

  • 5.1.3 航空機等によるリモートセンシング
    著者:向山栄(共著)
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:強風災害の変遷と教訓第2版,日本風工学会風災害研究会編

  • 応用地質学の方法論としての地形情報取得技術の進歩と未来
    著者:向山栄
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:応用地質学会総会シンポジウム,講演予稿集,日本応用地質学会,24-28

  • 技術手帳 航空レーザ計測を活用した微地形解析
    著者:向山栄
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:地盤工学会誌,地盤工学会,59(12)52-60

  • 講座 わかって使うレーザ計測 5.斜面防災を目的とした応用技術と活用事例
    著者:向山栄,吉田宇男,梅本和裕,本間信一
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:地盤工学会誌,地盤工学会,60(1)52-60

  • 第8章 地形学,原典から見る応用地質学 その論理と実用
    著者:向山栄(共著)
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:日本応用地質学会編,古今書院

  • 津波シミュレーションとマルチプラットフォーム衛星画像による東日本大震災発生直後の状況把握
    著者:向山栄,村嶋陽一,鎌形哲稔,赤松幸生,今井靖晃
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:写真測量とリモートセンシング,日本写真測量学会,50(4): 192-197

  • 津波シミュレーションとマルチプラットフォーム衛星画像による東日本大震災発生直後の状況把握
    著者:向山栄,村嶋陽一,鎌形哲稔,赤松幸生,今井靖晃
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:写真測量とリモートセンシング,日本写真測量学会,50(4)192-197

  • 津波シミュレーションとマルチプラットフォーム衛星画像による東日本大震災発生直後の状況把握
    著者:向山栄,村嶋陽一
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:測量,日本測量協会,61(6)16-18

  • 各地の残すべき地形 JR:陸羽東線
    著者:向山栄
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:地質と調査,全国地質調査業協会連合会,(134)65-66

  • 航空レーザ計測技術から考える地表面モデル
    著者:向山栄
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:応用地質学会総会シンポジウム,講演予稿集,日本応用地質学会,2-10

  • トンネル技術者のための地相入門(2)-地形から読み取る情報(1)-
    著者:向山栄
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:トンネルと地下,トンネル技術協会,43(6)505-515

  • 航空レーザ計測技術で探る地形情報
    著者:向山栄
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:GEO,関西地質調査業協会,(8)7-8

  • 数値地形画像解析により計測した2011 年東北地方太平洋沖地震前後の海底面変動変位量の比較
    著者:向山栄,本間信一,小林容子,古橋恭子
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:日本応用地質学会平成25年度研究発表会講演論文集,日本応用地質学会,O-45

  • 第5章 災害対策おける応用事例
    著者:向山栄(共著)
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:航空レーザ測量による災害対策事例集,日本測量調査技術協会

  • 3.2 立川断層、6-10富士塚
    著者:向山栄(共著)
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:地形のヒミツが見えてくる 体感!東京凸凹地図,東京地図研究社編,技術評論社

  • Ⅰ-1 地形から地相を読む方法
    著者:向山栄(共著)
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:トンネル技術者のための地相入門,土木工学社

  • 巻頭言 変化する地形に馴染んで生きる
    著者:向山栄
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:応用地質,日本応用地質学会,55(5)215

  • 地震断層周辺において地表面はどのように変位しているか -数値地形画像マッチング法による面的計測の事例-
    著者:向山栄
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:京都大学防災研究所一般研究集会26k-05 活断層とノンテクトニック断層 講演要旨集,39-40

  • 数値地形画像解析により計測した日本海溝近傍における2011年東北地方太平洋沖地震前後の海底地形変動
    著者:向山栄,本間信一,佐藤匠,小林容子,古橋恭子
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:日本応用地質学会平成26年度研究発表会講演論文集,日本応用地質学会,O-20

  • 数値地形画像マッチング
    著者:向山栄
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:日本地すべり学会誌,日本地すべり学会,52(2)59-62

  • 数値地形画像マッチングを用いた斜面変動解析~長野県野俣沢地区の解析事例~
    著者:向山栄,本間信一,佐藤匠,小林容子,柳澤賢一,百瀬直孝
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:日本応用地質学会平成27年度研究発表会講演論文集,日本応用地質学会,P-13

  • 人間の生活感覚に近づいてきた地形情報-現状と課題-
    著者:向山栄
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:土木学会誌,土木学会,100(1)16-19

  • 2時期の航空レーザ計測を用いた数値地形画像解析により抽出した十勝岳62-2火口近傍の地形変動
    著者:向山栄,永田直己,本間信一,稲葉千秋,村上亮,青山裕
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:地球惑星科学関連学会2016年合同大会予稿集,SVC46-P03

  • Sentinel-1衛星干渉SAR解析に基づく2016年4月熊本地震による地表変動と建物被害分布,および多時期のLiDAR DEMデータ解析による地表変位の抽出
    著者:向山栄,本田謙一,浅田典親,佐藤匠
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:地球惑星科学関連学会2016年合同大会予稿集,M-IS34-P

  • 最近の地形計測・表現技術の地質学への貢献
    著者:向山栄
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:日本地質学会第123年学術大会講演要旨,pp.147

  • 数値地形画像マッチングによる平成28年熊本地震における地表変動開析
    著者:向山栄,佐藤匠,本間信一,山口恭子
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:日本応用地質学会平成28年度研究発表会講演論文集,pp.1

  • 2008年岩手・宮城内陸地震にともなう線状凹地の拡大と斜面の重力変形
    著者:村上亘,大丸祐武,向山栄,川浪亜紀子
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:地形,日本地形学連合、34(1)55-67

  • ALOS/PALSARデータによるサトウキビ圃場抽出と生育状況の把握に関する検討
    著者:森田太一,原口正道,赤松幸生,小林千明,河合雅己
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:平成22年度年次学術講演会発表論文集,日本写真測量学会,9-12

  • 多時期のSARおよび光学衛星データを用いたサトウキビ圃場把握に関する検討
    著者:森田太一,原口正道,虫明成生,赤松幸生,並川貴俊
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:平成22年度秋季学術講演会発表論文集,日本写真測量学会,149-152

  • 高分解能衛星画像と航空機搭載型マルチスペクトルスキャナ画像を用いた千代田区における緑被地と熱分布の実態把握
    著者:森田太一,廣瀬葉子,大塚光夫
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:第52回学術講演会論文集,日本リモートセンシング学会,167-168

  • ハイパースペクトルデータを用いたオーストラリア小麦の生育モニタリング
    著者:森田太一,今井靖晃,赤松幸生,武田知己,鹿志村修
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:2012年度秋季大会シンポジウム・一般研究発表会要旨集,システム農学会,19-20

  • (7)覆工の点検法
    著者:焼田真司,武藤直樹(共著),他
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:連載講座「山岳トンネル覆工の長寿命化技術 トンネルと地下 vol.46 no.8 2015 土木工学社

  • (9)覆工の補修・補強(技術①)
    著者:焼田真司,武藤直樹(共著),他
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:連載講座「山岳トンネル覆工の長寿命化技術 トンネルと地下 vol.46 no.10 2015 土木工学社

  • GIS統合プラットフォームを用いた主観アプローチによる地域活性度の定量化・地図化: 2009年度関西情報化センターデータによる地域活性化日本地図の作成を事例として
    著者:保井俊之,中島円,布施匡章,前野隆司
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:地域活性学会研究大会論文集,(5)283-286

  • 人の健康リスク評価に基づく土地利用毎の管理目標値の設定に関する一考察
    著者:保高徹生,中島誠
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:土壌環境センター技術ニュース,15 15-24

  • 放射性セシウム汚染土壌の措置方法に関する一考察
    著者:保高徹生,三浦俊彦,大山将,古川靖英,中島誠,佐藤徹朗,張銘,駒井武,勝見武
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:産業技術総合研究所地圏環境資源研究部門地圏環境リスク研究G 2011-9-8研究レポート,17p.

  • 地盤環境中の放射性物質の挙動
    著者:保高徹生,伊藤健一,鈴木弘明,中島誠,山田優子
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:地盤工学会誌,61(2) 24-27

  • 土壌汚染の暴露評価に関するISO規格化の動き
    著者:保高徹生,中島誠,ISO/TC190部会
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:第19回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,551-553

  • 地理空間情報の広域共同整備によるコスト削減効果とその試算
    著者:山本尉太,溝淵真弓,関本義秀,中村秀至,柴崎亮介
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:第17回学術研究発表大会講演論文集,地理情報システム学会,415-418

  • 地理空間情報を活用した地域課題の発見と共有
    著者:山本尉太,政木英一,鈴木久美子,鎌形哲稔,新井邦彦,黒川史子,今井修
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:第22回学術研発表大会講演論文集,地理情報システム学会

  • 車載全方位カメラ画像を用いたSfM技術による自己位置同定手法の検討
    著者:林雨亭,高橋元気,武田浩志,中村和弘
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:平成28年度年次術講演会発表論文集,日本写真測量学会,103-106

  • 日本の山地における植生下の微小活断層地形の検出―根尾谷断層および駄口断層における高密度航空レーザ測量
    著者:林舟,金田平太郎,向山栄,浅田典親,千葉達朗
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:地球惑星科学関連学会2009年合同大会予稿集,S147-P002

  • 地域と行政をつなぐ GIS ~安心・安全なまちづくりへのコンサルティング~
    著者:渡辺美紀,山本尉太,黒川史子,今井修
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:第20回学術研究発表大会講演論文集,地理情報システム学会

  • 「異種の道」ネットワークづくりとGIS基盤の活用
    著者:渡辺美紀,竹本孝,今井靖晃,米田雅子
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:先端測量技術,日本測量調査技術協会,106: 40-53

  • 北海道酪農地帯における草地管理と草地更新の多面的運用
    著者:渡會敏明,島壮太,鎌形哲稔,須藤純一,小川健太,西村昭彦
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:2014年度秋季一般研究発表会要旨集,システム農学会

  • Remote Sensing:An Introductory Textbook
    著者:AKAMATSU Yukio (Editor)
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:丸善プラネット

  • Calibration of Dead Reckoning with IMES for Indoor Pedestrian Navigation
    著者:HIDAKA Masaki, NAKAJIMA Madoka, KOHTAKE Naohiko
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:Proceedings of the 2012 International Conference on Indoor Positioning and Indoor Navigation(IPIN) , Sydney, Austraia

  • Airborne Remote Sensing for River Environmental Assessment
    著者:HIROSE Yoko, IMAI Yasuteru
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:Proceedings of 21th Congress, International Society for Photogrammetry and Remote Sensing (ISPRS), Commission Ⅷ, WG Ⅷ/11: 1149-1152, Beijing, China.

  • Application of exterior deformation monitoring of dams by DInSAR analysis using ALOS PALSAR
    著者:HONDA Kenichi, NAKANISHI Taira, HARAGUCHI Masamichi, MUSHIAKE Naruo, IWASAKI Tomoharu, SATO Hiroyuki, KOBORI Toshihide, YAMAGUCHI Yoshikazu
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:Proceedings of International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS) 2012, IEEE Geoscience and Remote Sensing Society, 6649-6652, Munich, Germany.

  • Detecting disaster damages of 2015 typhoon Etau by the combination use of different SAR satellites
    著者:HONDA Kenichi, FUJIHIRA Kei, ASADA Norichika, FUKUSHIMA Ayumi, MUSHIAKE Naruo
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:International Archives of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, XLI-B8: 79-83, Prague, Czech Republic.

  • An Accuracy Assessment of DSMs and Orthoimages Derived from ALOS/PRISM and Their Availability in Forestry
    著者:IMAI Yasuteru, AKAMATSU Yukio, MORI Masaru, SHIRAI Naoki, MARUYA Makoto, OHYAMA Hiroshi
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:Proceedings of 21th Congress, International Society for Photogrammetry and Remote Sensing (ISPRS), Commission Ⅷ, WG Ⅷ/11:1021-1026, Beijing, China.

  • Estimation of stand structure in the deciduous broad-leaved forest using multi-temporal LIDAR data
    著者:IMAI Yasuteru, SETOJIMA Masahiro, FUNAHASHI Manabu, KATSUKI Toshio, AMANO Masahiro
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:Journal of Forest Planning, Japan Society of Forest Planning, 13:233-238

  • Evaluation of wheat growth monitoring methods based on hyperspectral data in Western Australia
    著者:IMAI Yasuteru, MORITA Taichi, AKAMATSU Yukio, ODAGAWA Shinya, TAKEDA Tomomi, KASHIMURA Osamu
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:Proceedings of International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS) 2011, IEEE Geoscience and Remote Sensing Society, 3338, Vancouver, Australia.

  • A perspective on the future of engineering geology in the world, Asia and Japan, London
    著者:INOUE D., OSHIMA H., et al.
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:Engineering Geology Publications 2009; v.22; p.281-286

  • Development of National Level Forest Base Map in Lao PDR
    著者:KAJIWARA Ryota, HARAGUCHI Masamichi, YAMAZAKI Hideto, BOUNTHABANDID Soukanh, PANYASAK Sombath, INTHAVONG Khamkhong, CHANTHALEUSY Souvanna
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:Proceedings of Asian Conference on Remote Sensing (ACRS) 2014, Asian Association of Remote Sensing (AARS), Naypyitaw, Myanmar.

  • Object-based classification of IKONOS data for vegetation mapping in central Japan
    著者:KAMAGATA Noritoshi, HARA Keitarou, MORI Masaru, AKAMATSU Yukio, LI Yunqing, HOSHINO Yoshinobu
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:Object-based image analysis: Spatial concepts for knowledge-driven remote sensing applications(eds. Blaschke, T., Lang, S. & Hay, G.J.), Springer-Verlag, 459-475

  • Estimation of the tea growth stage using airborne hyperspectral data
    著者:KAMAGATA Noritoshi, IMAI Yasuteru, AKAMATSU Yukio, KOBAYASHI Chiaki, OISHI Tetsuya
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:Proceedings of International Conference O-CHA(Tea) Culture and Science (ICOS) 2010, Shizuoka, Japan.

  • Wild Bamboo Forest Mapping and the Growth Estimation in "SATOYAMA" using Satellite Image
    著者:KAMAGATA Noritoshi, AKAMATSU Yukio, IMAI Yasuteru, TACHIKAWA Tetsushi
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:Proceedings of Urban Biodiversity and Design (URBIO) 2010, 357, Nagoya, Japan.

  • Environmental geotechnics for the recovery from 2011 East Japan earthquake and tsunami
    著者:KATSUMI Takeshi, ENDO Kazuto, IMANISHI Hajime, INUI Toru, KAZAMA Motoki, NAKASHIMA Makoto, OKAWARA Masafumi, OTSUKA Yoshikazu, SAKAMOTO Hiroyuki, SAKANAKURA Hirofumi, SUZUKI Hiroaki, TAKAI Atsushi, YASUTAKA Tetsuo
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:Proceedings of the 7th International Congress on Environmental Geotechnics, Engineers Australia, 1492-1499, Melbourne, Australia

  • Geoenvironmental issues for the recovery from 2011 East Japan earthquake and tsunami
    著者:KATSUMI Takeshi, INUI Toru, TAKAI atsushi, ENDO Kazuto, SAKANAKURA Hirofumi, IMANISHI Hajime, KAZAMA Motoki, NAKASHIMA Makoto, OKAWARA Masafumi, OTSUKA Yoshikazu, SAKAMOTO Hiroyuki, SUZUKI Hiroaki, YASUTAKA Tetsuo
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:Geotechnics for Catastrophic Flooding Events, CRC Press, 69-78, Kyoto, Japan

  • Application of Multi Polarization and Multi Frequency Analysis of SAR for Paddy Rice
    著者:KAWAI Masaki, HONDA Kenichi, IMAI Yasuteru, AKAMATSU Yukio, KATO Masatane
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:Proceedings of International Symposium on Remote Sensing (ISRS) 2013, Chiba, Japan.

  • DETECTION OF SMALL TECTONIC-GEOMORPHIC FEATURES BENEATH DENSE VEGETATION COVER IN JAPANESE MOUNTAINS FROM HIGH-RESOLUTION LIDAR DEM
    著者:LIN Zhou,KANEDA Heitaro,MUKOYAMA Sakae, ASADA Norichika,CHIBA Tatsuro
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:Seismological Research Letters,SSA,80(2)311

  • Detection of subtle tectonic-geomorphic features in densely forested mountains by very high-resolution airborne LiDAR survey
    著者:LIN Zhou,KANEDA Heitaro,MUKOYAMA Sakae, ASADA Norichika,CHIBA Tatsuro
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:Geomorphology, (182)104-115

  • Estimating carbon stock changes of mangrove forests using satellite imagery and airborne LiDAR data in the South Sumatra state, Indonesia
    著者:MAEDA Yoshiko, FUKUSHIMA Ayumi, IMAI Yasuteru, TANAHASHI Yuhei, NAKAMA Eiichiro, OHTA Seiichi, KAWAZOE Kaori, AKUNE Naoto
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名: International Archives of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, XLI-B8: 705-709, Prague, Czech Republic.

  • A study on location measurement of circular target on oblique image
    著者:MATSUOKA Ryuji, SONE Mitsuo, SUDO Noboru, YOKOTSUKA Hideyo, SHIRAI Naoki
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:Optical 3-D Measurement Techniques IX, Vol. I, 312-317

  • Effects of lossy JPEG compression executed in a digital camera on accuracy of image matching
    著者:MATSUOKA Ryuji, SONE Mitsuo, SUDO Noboru, YOKOTSUKA Hideyo, SHIRAI Naoki
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:Optical 3-D Measurement Techniques IX, Vol. II, 62-71

  • Effect of sampling in creating a digital image on measurement accuracy of center location of a circle
    著者:MATSUOKA Ryuji, SONE Mitsuo, SUDO Noboru, YOKOTSUKA Hideyo, SHIRAI Naoki
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:International Archives of Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, Vol. XXXVIII, Part 3A, 31-36

  • Calibration of a low-cost measurement system by using a consumer digital stereo camera
    著者:MATSUOKA Ryuji, TAKAHASHI Genki, ASONUMA Kazuyoshi
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:Proc. of SPIE, Vol. 8085: Videometrics, Range Imaging, and Applications XI, 80850U-1–80850U-12

  • Measurement accuracy of center location of a circle by centroid method
    著者:MATSUOKA Ryuji, SHIRAI Naoki, ASONUMA Kazuyoshi, SONE Mitsuo, SUDO Noboru, YOKOTSUKA Hideyo
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:Photogrammetric Image Analysis, LNCS 6952, 297–308

  • Evaluation of correction methods of chromatic aberration in digital camera images
    著者:MATSUOKA Ryuji, ASONUMA Kazuyoshi, TAKAHASHI Genki, DANJO Takuya, HIRANA Kayoko
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:ISPRS Annals of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, Vol. I, Part 3, 49-55

  • Measurement of large-scale solar power plant by using images acquired by non-metric digital camera on board UAV
    著者:MATSUOKA Ryuji, NAGUSA Issei, YASUHARA Hirotaka, MORI Masaru, KATAYAMA Tatsuo, YACHI Nobuhisa, HASUI Akinori, KATAKUSE Maiko, ATAGI Takao
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:International Archives of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, Vol. XXXIX, Part B1, 435-440

  • Comparison on accuracy of image matching between lossy JPEG compression and lossy JPEG 2000 compression
    著者:MATSUOKA Ryuji, SONE Mitsuo, SUDO Noboru, YOKOTSUKA Hideyo, SHIRAI Naoki
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:Proc. of SPIE, Vol. 8892: Image and Signal Processing for Remote Sensing XIX, 88921I-1-88921I-12.

  • Some aspects in height measurement by UAV photogrammetry
    著者:MATSUOKA Ryuji, NAGUSA Issei, YASUHARA Hirotaka, MORI Masaru, KATAYAMA Tatsuo, YACHI Nobuhisa, HASUI Akinori, KATAKUSE Maiko, ATAGI Takao
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:International Archives of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, Vol. XL-1/W2, 269-274

  • Effect of lossy JPEG compression of an image with chromatic aberrations on target measurement accuracy
    著者:MATSUOKA Ryuji
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:ISPRS Annals of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, Vol. II-5, 235-242

  • Oscillation of the measurement accuracy of the center location of an ellipse on a digital image
    著者:MATSUOKA Ryuji
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:International Archives of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, Volume XL-3, 211-218

  • Measurement precision and accuracy of the centre location of an ellipse by weighted centroid method
    著者:MATSUOKA Ryuji
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:ISPRS Annals of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, Volume II-3/W4, 111-118

  • Eccentricity on an image caused by projection of a circle and a sphere
    著者:MATSUOKA Ryuji, MARUYAMA Shintaro
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:ISPRS Annals of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, III-5: 19-26, Prague, Czech Republic.

  • Spectral Analysis of Building Materials Used in Japan
    著者:MORI Masaru, IWATA Tsukasa, MINAMI Yoshihiko, KATO satoru, AKAMATSU Yukio
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:Proceedings of 21th Congress, International Society for Photogrammetry and Remote Sensing (ISPRS), Commission Ⅷ, WG Ⅷ/1: 49-54, Beijing, China.

  • Estimation of ground deformation caused by the Earthquake (M7.2) in Japan, 2008, from the Geomorphic Image Analysis of high resolution LiDAR DEM
    著者:MUKOYAMA Sakae
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:Journal of Mountain Science,8(2)239-245

  • Estimation of ground displacements by Geomorphic Image Analysis, using multi-temporal LiDAR DEM
    著者:MUKOYAMA Sakae, HOMMA Shinichi
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:地球惑星科学関連学会2014年合同大会予稿集,HTT08-01

  • Identification of slope deformation by the Particle Imaging Velocimetry (PIV) Analysis of air photos or laser scanning images in different periods
    著者:MUKOYAMA Sakae, SASSA Kyoji, LOI Huy, OCHIAI Hirotaka, MIYAGI Toyohiko
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:Proc. SATREPS Workshop on Landslides -Mid-Term Activity Report- ,ICL, 76-81, Hanoi, Vietnam

  • Development of new method for measurement of surface displacement, using the Geomorphic Image Analysis of Differential LiDAR DEM
    著者:MUKOYAMA Sakae
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:Proc. HOKUDAN International Symposium on Active Faulting, 51-52, Awaji-shi, Japan

  • Estimation of ground deformation caused by the Earthquake (M7.2) in Japan 2008, from the Geomorphic Image Analysis of high resolution LiDAR DEMs
    著者:MUKOYAMA Sakae
    団体名/掲載誌名:Proc. International symposium and the Asian Regional Conference of IAEG, 856-861, Chengdu, RPC

  • Tree species classification using hyperspectral image combined with digital canopy height model
    著者:MURAKAMI Takuhiko, KAWAI Toshimi, MOCHIZUKI Shota, IMAI Yasuteru, KAMAGATA Noritoshi, AKAMATSU Yukio
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:Proceedings of Asian Conference on Remote Sensing (ACRS) 2011, Asian Association of Remote Sensing (AARS), Taipei, Taiwan.

  • System Design Approach derives a New type of Insurance
    著者:NAKAJIMA Madoka, YAGITA Hiroyuki, SASAKI Shoichi
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:5th International Conference on Business and Technology Transfer(ICBTT2010) , 1-6, York, UK

  • PATH PLANNING USING INDOOR MAP DATA GENERATED BY THE PLAN VIEW OF EACH FLOOR
    著者:NAKAJIMA Madoka
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:The proceedings of The 15th General assembly of ICA, International Association of Cartography (ICA), CO-103,Paris, France

  • Indoor navigation system for visually impaired people using visible light communication and compensated geomagnetic sensing
    著者:NAKAJIMA Madoka, HARUYAMA Shinichiro
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:First IEEE International Conference on Communications in China: Wireless Communication Systems (WCS), 524-529, Beijin, China

  • New Indoor navigation system for visually impaired people using visible light communication
    著者:NAKAJIMA Madoka, HARUYAMA Shinichiro
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:EURASIP Journal on Wireless Communications and Networking 2013, 2013(37)1-10

  • Evaluation of Wheat Growth Monitoring Methods based on Hyperspectral Data of Later Grain Filling and Heading Stages in Western Australia
    著者:NAKANISHI Taira, IMAI Yasuteru, MORITA Taichi, AKAMATSU Yukio, ODAGAWA Shinya, TAKEDA Tomomi, KASHIMURA Osamu
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:Proceedings of 22th Congress, International Society for Photogrammetry and Remote Sensing (ISPRS), Commission Ⅷ, WG Ⅷ/6, Melbourne, Australia.

  • Long-term change of enhanced natural attenuation effect by biobarrier
    著者:NAKASHIMA Makoto
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:Remediation of Chlorinated and Recalcitrant Compounds-2008 (CD), Paper A-030, The Six International Conference on Remediation of Chlorinated and Recalcitrant Compounds, Monterey, CA, USA

  • Long-term effect of enhanced natural attenuation by permeable bio-barrier
    著者:NAKASHIMA Makoto
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:Proceedings of 36th IAH Congress, Toyama

  • Long-term performance evaluation of iron PRB in its nine year
    著者:NAKASHIMA Makoto, NEGISHI Masanori
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:Remediation of Chlorinated and Recalcitrant Compounds (Monterey, CA,: May 2010), Battelle Memorial Institute, E-088(CD), The Fifth International Conference on Remediation of Chlorinated and Recalcitrant Compounds, Monterey, CA, USA

  • On the landslide hazard mapping during an large scale earthquake
    著者:NAKASUJI Akito
    発表時期:2009
    団体名/掲載誌名:Proc. International symposium and the Asian Regional Conference of IAEG,pp.397-401,2009年9月

  • Landslide Hazard Mapping During an Large Scale Earthquake
    著者:NAKASUJI Akito
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:Journal of Mountain Science,Vol.8 No.2 pp.223-247,2011年3月

  • GNSS-based M2M Early Warning System for the Improved Reach of Information
    著者:NISHINO Akihiko, NAKAJIMA Madoka, KOHTAKE Naohiko
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:2016 IEEE Aerospace Conference, Yellowstone Conference Center Big Sky, Montana.

  • A discussion about effective ways of basic resident register on GIS
    著者:OKU Naoya, NONAKA Yasuaki, ITO Yutaka
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:International Archives of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, XLI-B4: 175-179, Prague, Czech Republic.

  • Engineering geological problems in the planning and construction of long and large scale mountain tunnels -Case studies in Japan and advice from my experiences-
    著者:OSHIMA H.
    発表時期:2009.09
    団体名/掲載誌名:IAEG International Symposium and the 7th Asian Regional Conference of IAEG

  • A standardization of information retrieval using Place Identifiers
    著者:OTA Morishige, UEHARA Keisuke, PLEWS Reese, KAWANO Shgekazu
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:The proceedings of Third International Joint Workshop on Ubiquitous, Pervasive and Internet Mapping (UPIMap2008) (USB), ICA Commision on Ubiquitous Mapping, Shepherdstown, West Virginia, USA

  • The reasoning of person-to-person relationships on the ubiquitous environment
    著者:OTA Morishige
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:Proceedings of ASIA GIS 2008 (CD), 26-27, The 7th International Conference of Asia GIS, Asia GIS Association, Busan, Korea

  • Basic schema on the geographic information developed for higher education
    著者:OTA Morishige
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:Proceedings of The 3rd ISDE Digital Earth Summit, 12-14, Internatonal Association of Digital Earth, Nessebar, Bulgaria

  • Informed Feature: Graphic user interface between people and Geo-information
    著者:OTA Morishige
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:The proceedings of The 15th General assembly of ICA, International Association of Cartography (ICA), Paris, France

  • Software Tool Development for Higher Education on Geospatial Technology
    著者:OTA Morishige
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:Proceddings of Eurpoean GIS Education Seminar 2012, GIS Education WG in The Association of Geographic Information Laboratories for Europe (AGILE), Hannover, Germany

  • Conceptual data modeling in the geospatial information technology toolkit (gittok)
    著者:OTA Morishige
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:Proceedings of a pre-conference workshop of the 27th International Cartographic Conference, International Association of Cartography (ICA),
    Spatial data infrastructures, standards, open source and open data for geospatial (SDI-Open 2015), 41-44, Rio de Janeiro, Brazil

  • Development of a software tool as an introduction to Geospatial Information Technology based on geospatial standards, Cartography and Geographic Information Science
    著者:OTA Morishige, PLEWS Reese
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:The Cartography and Geographic Information Society (CaGIS), 42(5)419-434

  • Portrayal Capability in the Geospatial Information Technology Tool Kit (gittok).
    著者:OTA Morishige
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:The International Symposium on Cartography in Internet and Ubiquitous Environment (CIU 2015), International Association of Cartography (ICA), Tokyo, Japan.

  • Using hydrogeochemical approaches to study the dynamics of chlorinated ethenes in groundwater
    著者:SAITO Takeshi, TASE Norio, TSUJIMURA Maki, MARUOKA Teruyuki, NAKASHIMA Makoto, SAKAMOTO Dai, ARAKAWA Takeyuki
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:Remediation of Chlorinated and Recalcitrant Compounds (Monterey, CA,: May 2010), Battelle Memorial Institute, A-033(CD), The Fifth International Conference on Remediation of Chlorinated and Recalcitrant Compounds, Monterey, CA, USA

  • ESTIMATION OF GROUND MOVEMENT CAUSED BY THE 2000 ERUPTION OF USU VOLCANO, FROM THE GEOMORPHIC IMAGE ANALYSIS OF LIDAR DEMS
    著者:SAKAGAMI Masayuki, SASAKI Hisashi, MUKOYAMA Sakae
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:Proc. International Conference of ISPRS, Istanbul, Turkey

  • Digital Terrain Analysis Using Airborne Laser Scanner (LiDAR) Data for Natural Hazard Assessment
    著者:SASAKI Hisashi, MUKOYAMA Sakae, NAGATA Naomi, NAMIKAWA Kazutaka
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:Proc. 20th. ISPRS, 1225-1228, Beijing, PRC

  • Design of an IMES-Based Seamless Early Warning System with Signals from QZSS and a Disaster Prevention Center
    著者:SATO Akihiro,NAKAJIMA Madoka,NISHIGAKI Chie,YAMAGUCHI Yukihito,KOHTAKE Naohiko
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:International Symposium on GNSS 2015, Kyoto, Japan.

  • External deformation monitoring of five rockfill dams in the same radar satellite data
    著者:SATO Hiroyuki, SASAKI Takashi, KOBORI Toshihide, ENOMURA Yasufumi, YAMAGUCHI Yoshikazu, SATO Wataru, MUSHIAKE Naruo, HONDA Kenichi, SHIMIZU Norikazu
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:Proceedings of the International Symposium on “Appropriate technology to ensure proper Development, Operation and Maintenance of Dams in Developing Countries”, 84th International Commission on Large Dams (ICOLD) Annual Meeting, 6-193-6-202, Johannesburg, South Africa.

  • Development of a novel system to measure a clearance of a passenger platform
    著者:SHIMIZU Masato, OIZUMI Junya, MATSUOKA Ryuji, TAKEDA Hiroshi, OKUKURA Hideyo, OOYA Atsushi, KOIKE Akira
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:International Archives of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, XLI-B5: 573-580, Prague, Czech Republic.

  • Formation of Earthquake Faults by the Fukushima Hamadori Earthquake and an Estimation of Displacement Distribution Around the Faults Using Airborne LiDAR Data
    著者:SHINAGAWA Shunsuke, ANAN Shuji, SASAKI Yasuhito, MUKOYAMA Sakae, HOMMA Shinichi, KOBAYASHI Yoko
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:Engineering Geology for Society and Territory, Ⅻ IAEG CONGRESS, (6)167-171, Turin, Italy

  • A fully automated pipeline for classification tasks with an application to remote sensing
    著者:SUZUKI Kumiko, Marc CLAESEN, TAKEDA Hiroshi, Bart DE MOOR
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:International Archives of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, XLI-B3: 923-929, Prague, Czech Republic.

  • Applicability of a web-based GPS displacement monitoring system to geomorphology
    著者:SUZUKI Takasuke, SATO Wataru, MUKOYAMA Sakae
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:Proc. Taiwan and Japan Joint Symposium on Geomorphological Hazards and Management, 29-30, Taipei, Taiwan

  • The Design of Selective Hybrid Positioning by Utilizing Accuracy Information for Indoor-Outdoor Seamless Positioning and Verification in Tokyo Station
    著者:TABATA Kenichi, KONNO Hiroki, TSUNO Koichi, MORIOKA Wataru, NISHINO Akihiko, NAKAJIMA Madoka, KOHTAKE Naohiko
    発表時期:2015
    団体名/掲載誌名:Proceedings of the 2015 International Conference on Indoor Positioning and Indoor Navigation(IPIN) , Banff, Alberta, Canada

  • The design of worker's behavior analysis method in workplace using indoor positioning technology
    著者:TABATA Kenichi, KONNO Hiroki, NAKAJIMA Madoka
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:ISPRS Annals of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, III-4: 127-131, Prague, Czech Republic.

  • Accuracy of Measurement Using a Pair of Stereo Images Acquired by FinePix REAL 3D W1 Without Controls
    著者:TAKAHASHI Genki, MATSUOKA Ryuji
    発表時期:2010
    団体名/掲載誌名:ISPRS Annals of Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, XXXVIII-5:

  • Automatic Drawing for Traffic Marking with MMS LIDAR Intensity
    著者:TAKAHASHI Genki, TAKEDA Hiroshi, SHIMANO Yuichi
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:ISPRS Annals of Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, II-5:

  • Object-oriented image analysis to extract landscape elements in urban fringes
    著者:TAKAHASHI Kazuyuki, KAMAGATA Noritoshi, HARA Keitarou
    発表時期:2013
    団体名/掲載誌名:Central Japan, Landscape and Ecological Engineering, International Consortium of Landscape and Ecological Engineering, 9 (2): 239-247

  • Drawing for traffic marking using bidirectional gradient-based detection with MMS LiDAR intensity
    著者:TAKAHASHI Genki, TAKEDA Hiroshi, NAKAMURA Kazuhiro
    発表時期:2016
    団体名/掲載誌名:International Archives of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, XLI-B5: 725-732, Prague, Czech Republic.

  • Estimation of Ground Movement Using Multi-temporal Data from Airborne LiDAR
    著者:TAKAMI Tomoyuki, MUKOYAMA Sakae
    発表時期:2014
    団体名/掲載誌名:Engineering Geology for Society and Territory, Ⅻ IAEG CONGRESS, (2)421-424, Turin, Italy

  • Application of Stereo Plotting System to Undergraduate Program to Foster Non-Photogrammetrist
    著者:TAKEDA Hiroshi, ISOBE Kohei, AKAMATSU Yukio, MATSUOKA Ryuuji, CHO Kohei
    発表時期:2008
    団体名/掲載誌名:Proceedings of 21th Congress, International Society for Photogrammetry and Remote Sensing (ISPRS), Commission Ⅵ, WG Ⅵ/2: 73-78, Beijing, China.

  • Plane Matching with Object-Space Searching using Independently Rectified Images
    著者:TAKEDA Hiroshi, AKAMATSU Yukio, MINAMI Yoshihiko
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:Proceedings of 22th Congress, International Society for Photogrammetry and Remote Sensing (ISPRS), Commission III, WG III/4, Melbourne, Australia.

  • 6 Soil-slide avalanches of pyroclastic fall deposits induced by the 2011 Off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake
    著者:TIGIRA Masao, NAKASUJI Akito
    発表時期:2012
    団体名/掲載誌名:英文科学ジャーナル:Springer.

  • A Validation Regarding Effectiveness of Scenario Graph
    著者:YAGITA Hiroyuki, TOSE Akira, NAKAJIMA Madoka, KIM Sun K., MAENO Takashi
    発表時期:2011
    団体名/掲載誌名:Proceedings of the ASME 2011 International Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference(IDETC/CIE) ,Washington DC, USA