測量

近代の測量では、長年にわたる天体観測の結果に基づき、地球上に基準となる点の位置を定め、この点を基準として、主に角度を測ることにより、地球上の特定の地点の位置や、地点間の距離を求めていました。現代では、測量の方法は、ますます多様化するとともに、高精度化が図られており、特に、汎地球測位航法衛星システム(GNSS)とよばれる衛星測位システムを活用した方法が、主流となっています。

また、測量を行う目的に応じて、測量には様々な分野があります。代表的な測量の分野には、基準点測量地形測量写真測量および応用測量とよばれるものがあり、これらの測量の分野ごとに、測量の方法や測量に使用する機器、測量により得られる内容が異なります。

たとえば、道路や鉄道、電力、上下水道等の社会生活に欠くことができないインフラ設備の設置を考えます。はじめに、設備を地球上のどの位置に設置するか特定するためには、基準点測量を行う必要があります。続いて、地形測量写真測量を行い、設備を設置する地域の現況を表す地形図の整備が必要です。この地形図に基づき、はじめて具体的な設備の計画立案や、設計の検討が可能となります。さらに、設備を施工する際や、維持管理を行うためには、応用測量により縦断面図や横断図面などを作成する必要があります。このように、現代の私たちの社会生活の中にも、測量は密接な関わりをもっているといえます。

English

Surveying

定義

二点間の長さや高さの差、あるいは、基準となる方向からの角度の差を観測することにより、地球上の二点間の相対的な位置関係を明らかにすることができます。このしくみを用いて、基準となる点の位置に基づき、新たな点の絶対的な位置を定めたり、地点間の距離や、複数の地点により構成される範囲の面積を定めたりすることが可能となります。これらの地球上の位置、距離および面積などを求めることを測量といいます。