地理空間情報技術

地理空間情報技術 (Spatial Information Technology)では、地球上にあるものや、生起消滅している現象を説明する方法を検討し、モデルとして表現します。モデルとは、対象物がもつ特徴の説明です。私たちは、その特徴ごとに計測や調査を行って、モデルの特徴にあうデータに編集します。そして、問題の本質を探るために、データを解析し、解決策を検討します。得られた結果は、関係者が理解できるように視覚化して、提供します。

例えば、家を建てるために土地を買うとき、日当りが良くて、静かな環境がいいと思ったとします。つまり、理想の土地は、日当りがよくて、静かという特徴をもつべきです。皆さんは、このような特徴をもつかもしれない場所をいくつか見て回り、「日当り」と、「静けさ」という観点で、データを集めるでしょう。そして、一番良さそうなところを選び、その場所の情報を、家族や関係する人々に説明するでしょう。この一連の流れは、「居住環境は日当りと静けさを特徴とする」というモデルを作成し、そのモデルに照らしてデータを取得し、解析して、一番良い場所を選択し、情報として示す行為です。地理空間情報技術は、このような方法を、より複雑な問題に適用して、効率的・効果的に解決できることを目指します。

1960年代から急速に発展している技術ですが、今日では都市計画、環境管理、経済分析、土木計画、防災、防犯、ライフライン管理など、様々な分野で活用されていますし、カーナビやスマホの情報サービスなどでも、地理空間情報技術が使われています、なお、この技術は地理情報技術と呼ばれることもあります。

English

Spatial Information Technology

定義

この技術は、地球とその周辺で起きている現象をモデル化し、それに基づいてデータを取得し、管理し、解析し、交換し、価値のある情報として表現する技術です。