場所識別子

「場所」とは、識別可能なあらゆる空間の一部分です。ここで、空間とは実世界だけではなく、仮想世界も含みます。実世界で場所を識別するには、経緯度などの座標を使用する方法と、住所や地名などの地理識別子を使用する方法があります。一方、仮想世界で場所を識別するには、URL(Uniform Resource Locator)などが使用されます。
場所識別子は、座標、地理識別子、URLなど、実世界と仮想世界において場所の識別に用いられる名前の総称です。
場所識別子は、ISO 19155で定義されています。この規格は日本からISO/TC211に提案され、国際規格となりました。この規格は、同じ場所を指す場所識別子を対応付ける仕組みを規定しています。ここで、座標と座標(例:経緯度座標と平面直角座標)を対応付ける方法は座標変換であり、ISO19111(座標による空間参照)に定義されています。座標と地理識別子(例:経緯度座標と住所)とを対応付ける方法は、ISO19112(地理識別子による空間参照)に定義されています。ISO19155はこれらの対応付けを含む上位の概念を規定しています。この規格を使うと、例えば、地理識別子同士の対応付け(例:住所と建物名)、地理識別子とURLとの対応付けができるようになり、様々な場所識別子をつなげることでより柔軟に場所を識別することができるようになります。

参考文献
ISO 19155:2012 Geographic information -- Place Identifier (PI) architecture

(2017年10月4日 初稿)

English

Place Identifier

定義

場所識別子とは、場所(place)を特定するための識別子(identifier)です。「場所」とは、識別可能な実世界及び仮想世界の一部分です。例えば、経緯度や住所、URLが場所識別子です。