底質調査

一般的に、底質調査は「採泥器」と呼ばれる機器により水底の土砂を採取し、分析室に持ち帰って分析を行います。採取方法は、底質の表面を採取する場合には船上よりエクマンバージ型採泥器等で採取、鉛直方向に採取する場合には潜水士がアクリルパイプ等を用いて柱状採泥を行います。

分析は、土砂中の成分含有量と水中に溶け出す溶出量を実施します。分析項目は、大別して①COD(化学的酸素要求量)、硫化物、窒素・リン等の有機汚濁指標、②PCB、水銀、ダイオキシン類等の有害物質指標を計測します。近年、海域や湖沼では有機汚濁の進行により、海底付近の酸素が減少する貧酸素現象が発生し、夏場に魚介類の斃死が多発化しています。環境省では、海域や湖沼の水質を測る新たな指標として、水底付近に含まれる酸素量「底層溶存酸素量」を環境基準に追加する方針を固めました。したがって、底質調査でも、水環境における有機汚濁メカニズムの解明や酸素消費速度の測定など、新たな調査手法の開発が望まれています。

また、深海底の堆積物は、粘土、シルト、生物遺骸などの微細な物質が長い時間をかけ沈降するため、堆積土中のコアーサンプルには、過去の地球の歴史が残されています。最新では、巨大地震の発生時期や地震の発生メカニズム、生命の起源などの解明を目的に、『地球深部探査船ちきゅう(独立行政法人海洋研究開発機構)』が海底下7,000mのコアーサンプルの採取に挑戦しています。

写真1 エクマンバージ型採泥器

写真2 アクリルパイプを用いた柱状採泥

(2015年11月18日 初稿)

English

Sediment Quality Survey

定義

底質とは、河川や湖沼、海域において水底を構成する堆積物や岩の総称です。底質は、魚介類を始めとする様々な生物が生息する場であると同時に、水質汚濁に係る化学物質等が蓄積・溶出する媒体であり、水環境を構成する重要な要素の一つです。このため、水域の有機汚濁、重金属等による汚染が進行した際には、長期的な水域の汚濁・汚染状況を把握・解析するために底質調査が実施されます。