道路整備効果分析

整備効果には、交通渋滞の緩和や移動時間の短縮といった道路利用者が直接受ける効果(直接効果)と沿道環境の改善や経済活動などに波及する効果(間接効果)があります。
直接効果は、道路が整備された直後から効果が現れるため、道路整備の前後において交通量や走行速度などを直接計測することで、その効果を定量的に把握することが可能です。一方、間接効果は、この直接効果が得られることにより、物流コストの低減や外出機会が増えるなど、波及的に現れるものですので、効果の把握にはある程度の期間が必要です。

また、整備効果には、移動時間の短縮といった定量的に計測できるもの以外にも、利用者や沿道住民などが感じる意識の変化など、数字には表しにくいが効果として現れるものもあります。このような効果については、ドライバーや住民の方などにアンケート調査などを通じて把握します。

なお、これまでは、整備後の効果把握について述べましたが、整備前に予測することも整備効果分析のひとつとして行なわれます。これは、道路が整備される前と整備された場合の交通状況をシミュレーションすることで、走行速度の向上や交通渋滞の低減などを定量的に予測します。利用者などの意識の変化についても、道路交通上の現状課題や道路整備の内容などを説明し、整備後にどのような効果が得られそうかを事前に聞き取ることで、利用者などに与える影響や期待などを効果として推定します。

(2015年11月18日 初稿)

English

Analysis of the effects of road maintenance

定義

道路を整備することは、その道路を利用する人や車の移動あるいは沿道の生活環境など、社会、経済活動の中で様々な影響を与えます。道路整備によってもたらされる影響や効果について分析することを道路整備効果分析といいます。