道路照明点検

道路照明点検(Road Lighting Inspection)は、「通常点検」「初期点検」「定期点検」「異常点検」「特定の点検計画に基づく点検」の5種類が有ります。施設の現状を把握し、損傷または異常を早期に発見し、対策の要否を判定し、必要な補修工事・撤去等を行なうことにより、道路利用者や第三者被害の恐れのある事故を防止し、安全で円滑な道路交通を確保するために実施します。
点検は、損傷・異常が生じやすい、弱点部に対する「近接目視」による確認が基本となります。なお、塗装の塗替え等により、外観上は健全に見えることもあるため、照明施設設置後、一定年数を経過すると、非破壊検査による板厚調査や掘削による路面境界部の腐食調査が必要となります。

点検方法ですが、不具合の発生が想定される箇所について、手の届く範囲に近づき、さび・ひびわれ・変形やボルトのゆるみ・脱落等が無いかを、目で見て(溶接部等はルーペも使用)確認し、点検ハンマーを使った打音検査なども行ないます。なお、道路照明の上部は、手の届かないところにあるため、足場の設置や高所作業車(はしご車のような車両)を用いて、照明施設に近づき点検します。

日本の社会インフラは、1960年代の高度経済成長期に一斉に整備が進められ、建設後約50年を経過する施設の老朽化で、安全性が懸念されています。平成24年12月には、笹子トンネル(山梨県)において崩落事故が発生し、その懸念が現実のものとなってきています。このため、道路照明施設の落下や倒壊による第三者被害を防止する観点から、健全性の点検、応急措置等を目的とし、平成25年度より「道路ストック総点検」が実施され、全国各地の道路照明について点検が行われています。

写真:点検作業の全景(ストック総点検 国際航業)/高所作業車を用いての点検作業

写真:灯具部の点検(ストック総点検 国際航業実施)/作業床(バケット)からの近接目視

(2015年01月13日 初稿)

English

Road Lighting Inspection

定義

道路照明の損傷または異常を早期に発見し、対策の要否を判定し、必要な措置を講じ、道路利用者や第三者被害の恐れのある事故を防止し、安全で円滑な道路交通を確保するために実施する点検です。